南米留学放浪放言記

南米コロンビアのボゴタに留学する大学生が色々勝手にホザくブログ。

教育

【筑波大学】大学選びにあたって掲げた15の理由+α【志望動機】

大学受験において、志望校の選択は誰もが迷うもの。 では、なぜ私は筑波大学を選んだのか。受験生当時に考えた15の理由などとともに記述する。 受験生の参考になれば幸いである。

【知の遊園地】筑波大学で取って良かった授業4選+α

筑波大学で3年間学生をやる中で10以上の学群・学類の授業を履修したホモサピエンスが語る、取ってよかった授業4選ほか。

もし私が教育者になるならば、どんな教育を展開するか

高1のとき、高校教師になってみたいと思っていた。もし教育者になるならば、どんな教育をしたいかについて書き綴った。

【40分に1人】アナタはもっとドメスティックバイオレンスのことを知るべきである【保存版】

あなたはご存知だろうか? ロシアでは、約40分に1人の女性が、夫や恋人に殺されていることを。 そう、ドメスティックバイオレンス(Domestic Violence、通称DV)である。 ロシア内務省によると、ロシアでは年間1万4000人の女性が夫やパートナーからの暴力で死…

「一緒に勉強しよう」は大抵の場合非効率的すぎるのでいい加減卒業しよう

2014年大阪某所 前回記事『「ガンジーが助走つけて殴るレベル」の類語を考えてみた』 neoism.hatenablog.com これと同じ理由で、穴埋めのために、やっつけで当たり前すぎることを書く。 というか、3年くらい前に書いたものを、ほぼそのまま引用する。 テーマ…

大学受験を振り返る~現役編~

諸事情により、大学受験(現役)を振り返る

東京観光シリーズ②~品川のお肉の情報館で食肉について学ぶ~

大学3年の夏、親しい友人と急遽決行した行き当たりばったりの野郎三人旅は横浜駅で終わりを迎えた。 解散後、時間があったので品川駅で降りて、品川の「お肉の情報館」へ。 お肉の情報館とは、牛や豚の食肉について、様々な資料を見ながら学ぶことができる、…

何かを習得しようとする人が見落としがちな、酸素の次に大切なこと

資格勉強、スポーツ、言語学習...。 何かを習得しようとするなら決して見過ごしてはいけない、大切すぎることについて。

ただ年齢が違うだけで先輩後輩関係に拘るの「めんどくね?」という話

先輩後輩関係というのはあまり好きではない。 小学時代は、部活などもないため、先輩後輩関係を意識することは特になかった。 別に先輩だからといって敬語を使うわけでもなかったし、誰も気にしていなかったと思う。 ところが、中学に入学すると、一気にそう…

傍観者効果を考える~皆のいる教室で集団リンチされていた女の子の話~

とある事件 傍観者効果とは 傍観者効果の概要 キティ=ジェノウィーズ事件 衝撃的な動画 日常生活における例 傍観者効果の原因 1)責任分散 2)評価懸念 3)多元的無知 傍観者でいることの問題はどこにあるか 傍観者から脱することで生じるリスク 傍観者でいるこ…

「自覚的に生きる」とは~時間と労力の無駄を減らし賢く生きる方法~

「自覚的に生きる」って何だと思いますか?この発想で生きることができれば、人生の濃度がガラッと変わること間違いなし。必読記事。

多くの人が履き違えている!議論において一番大切にすべきこととは

タイトルからしてメッセージ自体はめちゃくちゃ在り来たりのことなのだが...。 そもそも「有用なメッセージ」というのはそこら中に普通に転がり散らしている。(何が有用かはその人次第だが) ことわざなんて、その最たる例だ。先人の知恵が詰まっている。 と…

教育者はかくあるべき!思考の機会を与えるというカタチの愛について

以前、友人と上海に旅行に行ったときに、大学の別の友人の父で上海在住の木村さんという方にお会いする機会を頂いた。 彼とは会ったことはなかったが、Facebookでは何故か友達になっていて、何度か絡んだこともあった。彼の投稿やコメントが独特なこともあり…

経験は基本的に「多様で多量」であるほど良いに決まり腐り散らかしている

根域制限という概念がある。 単純に、植物の根の広がる範囲を制限する、という意味だ。 大学で農業実習の授業を取っていたときに学んだ。 トマトなどの植物を小さな容器に入れて育てると、根が広がらないから大きく成長することはできない。 ごく当たり前の…

中高生に告ぐ。踏み出そう。殻破ろう。

やった後悔とやらなかった後悔は、後者の方が数も程度も大きいものだ。 高校時代の終わり、「人生の後悔リスト」を作った私はそのことを目の当たりにした。 私はこれまでの21年の歩みをそう悪くなかったと思っているが、もちろん後悔も沢山してきた。 特に、…

よく分からない研究の話をされたときにオススメしたい1つの質問

学生をしていると、研究テーマの話になることがよくある。 しかし、「こういうことを研究しています」とか「こういうことを研究したい」などと、途中経過やら今後の展望などについて話されたところで、スッキリしないまま「ふーん」で終わってしまいがちだ。…

「また同じ失敗?」なぜ気付きや学びは活かされないのかを考えてみた

「なぜ気付きや学びは活かされないのか」について。 技術や能力が翳りを見せるように、建造物が朽ち果てるように、どこかで得た学びも気付きも感動も、時間が経てば色褪せるものだ。 様々なことを考えてきたつもりだが、振り返ってみたとき、それらが真に自…

本当にそれは「言うまでもない」のか?本質的な思考で生きるために

思考の甘さを回避するには、終始論理が一貫しているかを一手間かけて確認し、そこで感じた違和感を徹底的に掘り下げることが肝要であると感じる。 また、抽象表現は自分でも分からず使っていることも多いため、逐一掘り下げることで、思考がより血肉となる。…

何らかの催しや発表などをするときに「最低限」気にしておくべきこと

学生であれ社会人であれ、何かを催したり、授業や授業外で何かを発表したりする機会は少なくはない。 そして催す側や発表者は、発表する内容やプレゼンの仕方ばかりに目が向いてしまいがちである。 日常的に人前で話すような人なら兎も角、大勢にとっては非…

あなたにとって「良い教育」とは如何なるものか。私なりに考えてみた

「良い教育」とは何か。 言うまでもなく、教育とは一種の洗脳である。 だが、意義深い洗脳もあれば、そうでない、寧ろ害悪な洗脳もある。 そして、何を以て意義深い・害悪とするかは、人それぞれである。 私は教育というものは、 ・自分も周りもハッピーにな…

 

 

 

クリックしていただけると励みになります(^^)

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外留学(その他)へ
にほんブログ村

 

★Twitter、お気軽にフォローどうぞ!