南米留学放浪放言記

南米コロンビアのボゴタに留学する大学生が色々勝手にホザくブログ。

インターナショナルなメンバーでキューバを旅をして感じた居心地の悪さ

関係国数10、使用言語種類12というメンバーでキューバを旅したときに感じた3つの居心地の悪さについて。

複数人旅におけるメリットとデメリット

キューバを複数人で旅したこともあり、複数人旅のメリットとデメリットというアリキタリなトピックを、ちょっと考えてみた。

【人生の納得感】「無限」の選択肢と向き合う

選択肢が多いほど、人は迷い、ストレスを感じる。選択毎の納得感が薄れ、それは幸福感にも影響を及ぶ巣。 「もっと良い何かがあるはずだ」ーそんな「ここではないどこか」を常に求めてしまう人に向けた記事。

【間抜けの極み】上海旅行してたら1日に2回詐欺に遭った話【注意喚起】

上海を旅行中、1日に2回(6時間に2回)詐欺に遭った間抜け話。狡猾な手口を解説します。

外国語学習者が日本にいながらでも安価でナマの実践経験を積む方法

外国語学習者の大きな悩み。 その一つは、日常においてその言葉を使う機会があまりないことだろう。 言語は、実際に使う訓練をしなければ、実践力がなかなか身に付かない。 だから、オンライン英会話など色んなサービスがあるわけだが、今回の記事ではあまり…

【ボゴタ観光2018】モンセラーテの丘 (アクセス、歴史、風景など)

頂上標高3152m、ボゴタのシンボル「モンセラーテの丘」の、アクセス含む様々な情報についてまとめた記事。

【諸行無常】埼玉秩父に山奥にひっそり佇む廃村「岳集落」を歩く【盛者必衰】

奥多摩にて多摩川ラフティングをして「ゆく川の流れは絶えずして然も元の川にあら」ざるをことを体感した後、近くの廃村で「盛者必衰の理」を身に染み込ませることで、『ダブルコンボで諸行無常を感じようツアー』を完成させようとするも、様々な障壁により…

飛行機の窓からアメリカの大地を見下ろして感じたこと

何の影響も与えていないかのように見えて、実は微々たる何かを与えていたりする。 俯瞰して全て見えている気になったかのようで、実は全くそんなことはないのだ。 瞬間移動能力よりは飛翔能力が欲しい。

【タイ】バンコクのシリラート医学博物館ではヤバすぎる展示が見られる

タイのバンコクにある博物館。ここには、日本では決して見ることのできないヤバすぎる展示の数々が。

東京観光シリーズ③~DIALOG IN THE DARKで視覚を完全に失う~

東京にかつて存在したDIALOG IN THE DARKの紹介記事。視覚障害者の方の付き添いのもと、視覚を完全に失った状態で、様々なアクティビティをグループで行う。大阪の梅田では今も体験することができる。

東京観光シリーズ②~品川のお肉の情報館で食肉について学ぶ~

大学3年の夏、親しい友人と急遽決行した行き当たりばったりの野郎三人旅は横浜駅で終わりを迎えた。 解散後、時間があったので品川駅で降りて、品川の「お肉の情報館」へ。 お肉の情報館とは、牛や豚の食肉について、様々な資料を見ながら学ぶことができる、…

東京観光シリーズ①~霞ヶ関で大人の社会見学を楽しむ~

思えばこれまで東京の色んなところに足を運んできた。 大学の友達に東京での遊び方を尋ねると、返ってくる答えのバリュエーションは、ショッピング、イベント(クラブや音楽)、美術館や動物園、浅草などの街歩きくらいのもの。 しかし、「もっと色々あるよ」…

印象的な旅の記録(高校3年~大学3年)

高校3年から大学3年にかけての旅の記録。旅をしたい人はモチベートされるかもしれない。

東京深夜徘徊のススメ~夜にしか見られないもう一つの顔を堪能せよ~

渋谷 キャットストリート 深夜徘徊が好きだ。 特に、東京深夜徘徊。 なお、深夜といっても色んな定義があるが、ここでの深夜とは概ね午前0時から4時過ぎくらいまでと考えていただければよい。 深夜徘徊と聞いて、多くの人が抱く印象に、ポジティブなものは少…

ただ名所を巡るだけの観光にならないためにオススメしたい検索法

観光するときの検索の仕方が、旅の中身を大きく左右する。効果的な調べ方とは?

反射的に写真を撮るだけで満足している人へ~もっと五感で捉えよう~

1年ほど前、花粉と闇から逃れるように沖縄に飛び立った際、「神の島」とも言われる久高島へと渡ったときのこと。 人口200人ほどの小さなこの島には、ごく限られた者しか立ち入ることのできない聖域があるなど、その美しさや静寂さと相まってミステリアスな雰…

確かに刺激は大切。でもただ享受すりゃいいってもんじゃない。なぜ?

外部から精神的刺激を受けることは、楽しいだけではなく、向上する上でも大切だ。 しかし、刺激が頻繁すぎると心身ともに疲弊して活力が失われるし、少なければ停滞する。 例えば何か良いことを聞いて刺激を受けて、自分もそれを実行してみようと決意したと…

なぜ旅に出ると色々学ぶことができるのかって話を違った角度から書く

旅先で出会った人と交わす会話には、何か運命的なものを感じることはないだろうか?

リアルを求めて生きる

映画を観るのが好きだ。 映像を作るのが好きだ。 漫画を読むのが好きだ。 漫画を描くのが好きだ。 本を読むのが好きだ。 空想するのが好きだ。 特に、映像を作りたい欲求が最近また高まってきている。 だから今後も、様々なものを創作していくだろう。 これ…

振り幅絶大な人生を

元暴力団組長の俳優がいる。―安藤昇 元囚人の大統領がいる。―ネルソン=マンデラ 元百姓の関白がいる。―豊臣秀吉 元人気歌手の累積犯罪者がいる。―清水健太郎 元プロ野球選手の囚人(殺人)がいる。―小川博 元詐欺師の連邦捜査局コンサルがいる。―フランク=アバ…

「カネなんて最低限あればそれでいい」?私はそうは思わない。なぜか

私はお金持ちになりたい。というか、なってみたい。 なぜか。 例えば、今日ふと沖縄に行きたくなったとする。 しかし、当日の航空券を調べてみると、高い。 諦めて、航空券の安い1週間後に回すことにする。或いは予定が合わないので頓挫する。 例えば、どち…

バガボンドという生き方

春になると新入生が入ってくることもあり、所属しているサークルについて尋ねられて話すことが増える。 私は確かにいくつものサークルに入ってはいたが、スラスラ言うのが難しい。 あまり、或いはほとんど参加していないものが多いからだ。 メンバーとしての…

あなたにとって「良い教育」とは如何なるものか。私なりに考えてみた

「良い教育」とは何か。 言うまでもなく、教育とは一種の洗脳である。 だが、意義深い洗脳もあれば、そうでない、寧ろ害悪な洗脳もある。 そして、何を以て意義深い・害悪とするかは、人それぞれである。 私は教育というものは、 ・自分も周りもハッピーにな…

放浪期と安住期

21歳になった今も、色んな意味での放浪癖は未だに全く抜ける気配を知らない。 人生は放浪期と安住期の様々なスケールでの繰り返しである。 分からないなりに色んなものに手を出しつつ模索し、何かこれだというものが見つかればそこに集中・注力する。 自由に…

「圧倒的自由になってもなお求めるもの」は何ですか。それが答えです

2017年11月、福岡の門司港にて もし、住居も定まらず、追われているわけでもない、圧倒的な精神的自由を獲得したとして、自分は何をするのだろう。 以前、雨のパラつく北九州・門司港の夜を、晩御飯のための集合時間の少し前に一人歩きながら、ふとそんなこ…

これで万全!外泊・旅行時携帯品リスト

外泊や旅行をするときの荷物についてです。 私が旅行などで外泊する際に携帯する荷物のリストを以下に示しました。 外泊するときに何か持っていくのを忘れることを防ぐために、いつもこの作成したリストを見ながら荷造りをしています。そして、なるべくコン…

 

 

 

クリックしていただけると励みになります(^^)

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外留学(その他)へ
にほんブログ村

 

★Twitter、お気軽にフォローどうぞ!