南米留学放浪放言記

南米コロンビアのボゴタに留学する大学生が色々勝手にホザくブログ。

留学先と、特殊すぎる授業の取り方

f:id:neoism:20180124132125j:plain

 

NEOです。ブログと私についてはこちら

 

 

交換留学先大学

 

名前は、Universidad de los Andesという。

あんまり書きたくないけどねこれ。大学関係者に見つかるし。

 

コロンビアの首都ボゴタの東側、旧市街付近に位置するこの総合大学には、学部生・大学院生がそれぞれ15000人と5000人程度在籍している。(2017年)

 

学部で39、修士で61、博士で15と、多様なプログラムが存在する。

音楽や芸術の学部もある総合大学で、中でもビジネス系が強い。

 

創立は1948年と国内の私立大学では最も古く今年で70周年を迎える。

 

イギリスの教育専門誌が発表する世界大学ランキングでは南米で10番以内に入っているらしく、コロンビア内では1位2位を争う

まあランキングなんて何を指標とするかによって大いに変動するが。

 

学費は日本の国公立大学より高く、年間60万円以上。

コロンビアの最低レベルの月収が3万円程度であるから、お金持ちばかりの大学だ。

奨学金やら助成金やらもあるそうだが。

 

学生数は多いが、留学生は200人に満たないくらい。

学生の5分の1くらいが留学生である筑波大学に比べると少ない。

筑波が多すぎるのか。

 

アジアからの留学生は全体で10人くらい。(日中韓)

 

 

授業の取り方 

 

一学期目はどんな授業を取ったのか。

 

私は一応、人類学専攻ということでこの大学に来ている。

しかし、お店で自分が何を注文しているのか分からないのにとりあえず頷いているようなレベルだった私が、いきなり大学のアカデミックレベルのスペイン語に対応できるわけがない。

 

というわけで、一学期目に取った授業は8個。

 

・初級スペイン語

・幸福に関する哲学系の授業(英語)

・ソフトボール

・カンフー(中国武術)

・カポエイラ(ブラジル発祥の武術パフォーマンス)

・合気道(日本武術)

・トータルトレーニング(全身を使うハードなもの)

・軍事訓練(コロンビアは兵役がある)

 

そう、4分の3が体育というシュールなことになっているのである。

 

英語での哲学の授業は途中で辞めた(スペイン語に集中したかった)ので、結局7分の6が体育になった。

 

本当はテコンドー(韓国武術)や太極拳(中国のエクササイズ)やヨガ(インド発祥)やらクライミングやら、もっと取りたかったのだが、そう思った頃には履修登録期間を過ぎてしまい、取れなかった。

 

 

なぜこんなにも体育が多いのかというと、

 

・運動が好き

・色んなスポーツをしたい

・スペイン語が分からなくても何とかなりそう

・知り合いが増えそう

・喋る機会が生まれそう

 

というのが主な理由。

 

言語に不安のある交換留学生は、運動好きなら体育を色々取ってみると良いと思う。

色んな出逢いがあって、楽しかった。

なかなかハードだったけど。

 

この大学、というかコロンビアでは、GPA (Grade Average Point)、成績の平均ポイントが1.5から5.0の間で決定される。

交換留学生は、3.5以上なければ次の学期には進めない

課題や試験が多く、日本でのようにぬるくはいかない。

ただし学期開始後から約2ヶ月間は、授業を切ってもGPAには反映されない。

 

 

なぜコロンビアに来たのか

neoism.hatenablog.com