南米留学放浪放言記

南米コロンビアのボゴタに留学する大学生が色々勝手にホザくブログ。

行ったり来たり

   f:id:neoism:20180205112011j:plain

 

 

調子の良いときは夢を見て、

「ここではないどこか」を求めて、

今あるものを捨ててでもいいからと、

どこまでも遠くを目指そうとする。

 

 

調子の悪いときは怖じ気づいて、

今あるものに目を遣って身を寄せて、

失いたくない気持ちを強めて大切にしようとする。

 

 

強気でいられるときは意識しないのに、

失敗したり恥ずかしい思いをしたりしたら、

「帰ってくる場所」が欲しくなる。

辛いときほど、恋人や友達や家族に会いたくなるものだ。

 

 

いわば、居心地の良い、ぬるま湯。

ぬるま湯は決してネガティブなものではない。

必要な存在だと思う。

自己が揺らぐから、

その揺らぎをどうにかするために、

心が落ち着ける場所や、

自己が肯定される人であったり空間であったりを求めるのだと思う。

 

 

今は若いから、

強気に調子よく、

「ここではないどこか」を求めて遠くを目指したい。

熱湯にだって氷水にだって、

怖じけずに突っ込んでいきたい。

 

 

可能性が開けているから、

選択肢が多いから、

そう思うのだろう。

 

 

歳を取って、

筋細胞が神経細胞になることができないように、

何かになる一方で何かになる可能性が閉ざされてしまったならば、

諦めも付くのかもしれないけれど。

 

 

たまに落ち込んだりして、

自分の半径数mに意識が戻って、

それからまた遠くを目指していくのだろう。

 

 

熱湯・氷水とぬるま湯を、行ったり来たり。

人生はその繰り返しなのかな、と思う。

 

 (2017年10月に執筆) 

 

 

 

クリックしていただけると励みになります(^^)

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外留学(その他)へ
にほんブログ村

 

★Twitter、お気軽にフォローどうぞ!