南米留学放浪放言記

南米コロンビアのボゴタに留学する大学生が色々勝手にホザくブログ。

雲の上の人と話せるとしたら何を話したいか、考えてみた

f:id:neoism:20180205113847j:plain

 

言うまでもなく、空に浮いているあの雲の上に住んでいる人、ではない。(そんな人たちがいたら勿論話したいけれど)

 

日本や世界でトップレベルに活躍しているような雲の上の人と会って話すことができるとしたら、何を話すだろう。

 

講演会などでそういう部類の人と話すことがあっても、大抵は「少数の話し手と多数の聞き手」という構図になるし、時間を割いてもらえるわけでもない。

 

しかし、もし一対一で話すことができるとしたら…。

あなたは何を話しますか。

 

 

私の場合、そんな人たちと話す機会が得られたとしても、活躍の秘訣やノウハウを聞くことにはならないだろう。

 

専門的なことは基本的に分からないから会話が成り立ちそうにないし、そもそもどのような思考回路や価値観を以て道を切り拓いたのかということへの関心は、あるけれどあまり強くはない。

 

ただ、双方向の雑談をしたい。

 

人生で大事にしていること、何が幸せか、恋愛観や結婚観、将来のビジョン、好きな映画、好きなスポーツ、懐かしい思い出、失敗談、最高に笑ったこと...

 

などなど話は尽きないだろう。出来ればフラットな立場で話したい。

 

そうする中で、トップレベルに活躍する才能や技量、思考回路や価値観によって構成される、その人物の(期待値の高い)人格に触れたい。これは単純に好奇心だ。

 

同時に、双方向のやり取りによって、その人間が私という人間をどう知覚するかを知りたい。

 

そして出来れば、双方向に作用を及ぼすことができればなおよい。

 

私も相手から何らかの影響を受け、相手も私から何らかの影響を受ける。

 

もっとも、もし何かを成し遂げたいという目的意識が明確であれば、参考になりそうであればノウハウなどを尋ねることになるのだろうけれど。

 

 

 (2017年9月に執筆) 

 

neoism.hatenablog.com

 

記事が良かったら、下のボタンを一瞬ポチッとお願いします!

当ブログのランキングが上昇して良いことが起こります。 

 

 

 

 

 

クリックしていただけると励みになります(^^)

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外留学(その他)へ
にほんブログ村

 

★Twitter、お気軽にフォローどうぞ!