南米留学放浪放言記

南米コロンビアのボゴタに留学する大学生が色々勝手にホザくブログ。

【ボゴタのおすすめカフェ】ヒッピー感漂う「Magola Buendía」【マリファナ】

 

NEOです。ブログと私についてはこちら。 

 

ボゴタ旧市街にあるおすすめカフェ「Magola Buendía」を紹介。

 

 

 

特徴

・天井から空が見える、明るく開放された雰囲気

・壁のグラフィティ

・タイル貼りの床

・生い茂るツタ類などの植物

・古いものを中心に流れるBGM

・漂うヒッピー感

・行ったり来たりする猫たち

・お洒落なソファにクッション

・ハンモック

 

 

アクセス

 

 

黄金博物館から近い。

徒歩6-7分くらい。

Cafe Magola Buendiaで検索。

 

 

内装や様子 

 

f:id:neoism:20180315082945j:plain

 

お店の入り口。

コロンビアカラー(赤、黄、青)もしっかり使われている。

 

入って階段を上ると、すぐ右手に別の普通のカフェがあるが、光の差してくる方向に向かってさらに進む。

 

f:id:neoism:20180315082934j:plain

 

階段を上りきってすぐ目に入るのは厨房とレジ。

右手には監視カメラの映像が複数のモニターで流れる。

 

店員さんは基本的に若く、ピアスが多い傾向にある。

 

f:id:neoism:20180315082927j:plain

 

f:id:neoism:20180315082924j:plain

 

f:id:neoism:20180315082931j:plain

 

店内の様子。空が見えて明るい。

 

BGMは70年代や80年代のモノ(The Rolling Stonesなど)が比較的多い。

 

また、TripAdvisorなどで評価が高いだけあって、欧米系の観光客の割合が比較的多い。

 

f:id:neoism:20180315082922j:plain

 

写真はカフェラテ。130円くらい。(1000ペソ=37円)

品によってサイズは大きく異なる。値段に比例するわけでもない。

ジュースや酒類、エンパナーダなどの軽食や、ケーキなどのスイーツも。

 

f:id:neoism:20180315082929j:plain

 

店内には黒やグレーの猫たちが歩き回ったり椅子でうたた寝したりしている。

人懐っこくもなく、クールすぎることもない彼/彼女らの存在は、この店の雰囲気をさらに和やかなものにしている。

 

f:id:neoism:20180315082942j:plain

 

 

f:id:neoism:20180315082938j:plain

 

店内は縦長であり、この写真は奥の方から撮ったもの。

左手にハンモックが見える。

 

f:id:neoism:20180315082937j:plain

 

奥の空間。

日中はかなり暑そう。

右手にトイレがある。結構綺麗。

 

f:id:neoism:20180315082941j:plain

 

奥の左手にはマリ〇ァナさんがコンニチハしている。

店員が常用しているのだろうか。

 

コロンビアでは、ライトドラッグであるマリファナの規制は南米でもユルい方だそうだが、コカインやヘロインやらのハードドラッグの取り締まりが大変で、そっちまで気を回していられないからなのかもしれない。

 

 

 

良くない点

 

・奥の方の席(マリファナのあるところ)あたりからたまに爆竹だか何だかの破裂音がする(観光客などが何かで遊んでいる模様)

・BGMのボリュームが大きすぎることがある

・エンパナーダ(肉や卵が入った揚げ物)などが小さい

・テーブルによっては足下がガタガタしている

・夜は間接照明みたいな感じになるので暗くて本などを読めない(良い雰囲気ではある)

 

 

 

▼TripAdvisor

Magola Buendía, Bogotá - Fotos, Número de Teléfono y Restaurante Opiniones - TripAdvisor