南米留学放浪放言記

南米コロンビアのボゴタに留学する大学生が色々勝手にホザくブログ。

笠間トンネルの場所・行き方・様子を教える【心霊スポット】

 

NEOです。ブログと私についてはこちら

  

このページを見ているということは、あなたは佐白山の笠間トンネルに肝試しに行こうと思っていますね?

 

あそこに3回行った私が、アクセスや雰囲気などをお伝えしておきましょう。

 

 

 

 

アクセス

 

トンネルは、笠間市笠間佐白山の中にある。

ルートが少々ややこしいので、Google Mapsでここに目的地を設定することを推奨。

「笠間 大黒石」と入力すれば出てくる。

 

 

この岩を過ぎて少し進むと、右手に少し勾配のある道が見える。

そこを上ると、広い駐車場がある。

そこに車を停める。

 

トンネルに続く遊歩道は、この駐車場からはじまる。

 

 

駐車場に到着

 

2016年2月、大学の友人3人(K、T、M)とレンタカーを借りて、つくば駅あたりから向かうこと約1時間後の夜21時半頃、佐白山麓に到着。

 

車で山を登るにあたって、ボルテージを上げるために、それまで流していたテンション高い系の曲を切り替え、怪しげな曲をかけると、Kが本気でビビりはじめたので、いたので、彼の故郷沖縄出身の歌手グループである「かりゆし58」の曲を安定剤的に挟むなどしてあげた。私は優しい。

 

このあたりは霧の発生が珍しくなく、この日は数メートル先しか見えなかった。

良い雰囲気を醸し出してきやがる。 

 

 

駐車場を見つけて車を降りる。

遊歩道の入り口が。

 

車で入ろうと思ったが、車進入禁止の表示が。

「事件・事故防止のため」と書いてある。

確かに道は狭く、悪天候も相まって、進むのは難しそうだった。

トンネル中央部でクラクションを三回鳴らすと怪奇現象が起こるという噂があり、実行しようとしていたのだが、断念した。

 

 

 

遊歩道へ

 

 

凄まじい霧と雨の中、ライトを照らして遊歩道を進んでいく。

木で空が覆われていて、ライトを消すと何も見えない。

 

少し入ると、「笠間城跡」などと刻まれた古びた石が左手に現れた。

f:id:neoism:20180407132330j:plain

日中の様子

 

辺りには切り倒された木々がいくつも見られる。

また、心なしか木々が通常サイズより大きく感じられる。

大黒岩もそうだが、山の上なのになぜか巨岩がたくさん転がっている。

かつて戦闘のために運ばれたものらしい。相当な労力を要したに違いない。

 

f:id:neoism:20180407132433j:plain

入り口付近の橋

 

私はともかく他の三人はかなりビビっていたようで、Mは沈黙が生まれると「沈黙やめよう」などと真顔で口にしていた。

我々はしりとりをすることで緊張を緩和した。

 

 

突如現れるトンネル

 

歩き始めて20分ほど経った頃。

しりとりをする我々の左手に突如、人工物が現れた。

 

f:id:neoism:20180328014744j:plain


笠間トンネルである。

あまりにも急に出現したため、四人とも心の準備が出来ておらず、一斉に戦いた。

純自然の中に急に人工物が現れたからなのだろうか、その光景に違和感を覚えた。

トンネル付近だけが、なぜか空気が違うように感じられた。やけに静寂に包まれていた。

 

チキンなKとTは、トンネルに入るのを拒みだした。

なんとか説得して、進む。

 

 

トンネルの中をゆく

 

内壁には無数の落書きがあり、不気味さを助長していた。

地面は少しぬかるんでいて、ビチャビチャという足音が響く。

そのせいで後ろから誰かが歩いてくるかのような錯覚に見舞われ、何度か振り返った。

 

トンネル内は少し傾斜している。

再び霧の中に身を放つまで、皆一様に相当緊張していた。

 

落ち武者や女性の霊が見られるという噂があったが、もちろん何も見えなかった。

 

ちなみに、トンネル付近に井戸があるという話だったが、探すのをすっかり忘れてしまっていた。

 

 

そのあと、同じような道をしりとりしながらひたすら歩き続け、駐車場に戻った。

 

f:id:neoism:20180328015050j:plain

石碑の前で謎のポーズを取る私

 

事件勃発

 

事件はここで起きる。

 

 

車が発進しないのだ。

 

エンジンはかかるのに車のタイヤが微動だにしない。

 

クラクションを三回鳴らすと車が動かなくなるとは聞いていたが、なぜここで…。

助けを呼ぶハメになるのだろうか…。

離れている間に誰かが弄ったのか、それとも…。

 

その後、どうやら雨が降りすぎてぬかるんだ地面にタイヤがめり込んでいるらしいことが分かったが、空回りもしないなんておかしい。

 

Tに交代したところ、タイヤが動いて脱出できたのだが、その場で再び運転を代わると、エンジンはかかるのに車が動かない。

 

あれ、なんでだ?と焦ること数分、パーキングにした状態でエンジンをかけていなかったのが原因だと分かった。

 

最初にタイヤが動かなかったのもそれ。

 

馬鹿か。

 

 

余談

 

この佐白山、神隠しに遭いそうな気分にさせられるほど神秘的な雰囲気があった。霧のお陰も強いだろう。

夜は心霊スポット感が強いが、日中はハイキングを楽しめる。

まあ、トンネルは日中でもヒッソリしててかなり不気味だけれど。

 

f:id:neoism:20180328014916j:plain

 

この山の上には笠間城跡地があり、今は佐志能神社という神社になっている。

東日本大震災で崩れ、城壁がボロボロになっている。

これもまた趣き深いものとなっている。

 

また、佐白山のすぐそばにある「笠間稲荷神社」は、全国に何万もあるとされる稲荷神社の頂点「日本三大稲荷」の一角として数えられることもある。

その辺りの街並みはなかなか情緒がある。併せて行ってみることを勧める。

 

  

【筑波大生必見】10以上の学群・学類の授業を受けた私が取って良かった授業

neoism.hatenablog.com

 

廃墟好きはこちらもどうぞ。

neoism.hatenablog.com