南米留学放浪放言記

南米コロンビアのボゴタに留学する大学生が色々勝手にホザくブログ。

スキマ時間を活用するためのおすすめアナログツール

f:id:neoism:20180419111720j:plain

 

NEOです。ブログと私についてはこちら

 

 

レジや電車などのために並んでいる時間。

待ち合わせ場所に知り合いが来るまでの時間。

目的地に向かって歩いている時間。

 

大抵の人は何もしていない。

ただボーッと立っているか、携帯を弄っている。

 

携帯でニュースを見たりメールの返信をしたりと、デジタル機器を使って有意義な時間にすることもできる。

それはそれでいい。

 

しかし、デジタル以外の作業。

 

たとえば、紙に何かを書いたり、書類を捌いたり。

本を読むような作業ならともかく、書く作業は、並び時間や待ち時間、移動時間などの間にやるのは少々難しい。

 

しかし、

 

f:id:neoism:20180419110602j:plain

 

なんだこれかよ、と侮るなかれ。

コイツさえあれば、書く作業がガンガンはかどる。

軽いし、丈夫。そしてそう高くない。

リーズナブルでポータブルなマイデスクなのである。

  

コロンビアでは、レジでやったら並ばされることが多い。

レジ数が少ないかつ、店員の作業が遅い。

また、約束の時間に遅れてくる人が日本より多い。

 

・その時間がもったいなさすぎる

・その時間を有効活用すれば、状況をマイナスに捉えずに済むどころか寧ろプラスに

・携帯を弄るのも無益なことが多い(2月からWi-Fiがなければネットを使えなくなった)

・言語学習のためには書く作業が重要である

 

以上の理由により、そうした時間を有効活用すべく、クリップボードを購入した。

 

 

結果、有効に使える時間がめちゃくちゃ増えた。

 

並びながら、待ちながら、歩きながら...。

あらゆるスキマ時間が有益なものになった。

 

スキマ時間が生まれれば、鞄からこれを、ポケットからシャーペンを取り出して、立ちながらでもすぐに作業に取り掛かることができる。

 

手元が安定すれば作業が捗る。

 

フカフカのベッドの上に座りながらでも勉強ができる。

 

もっとも、継続的にペンで書く作業を必要とする人は、何かを勉強・暗記しようとしている人以外にはあまりいないかもしれない。

 

しかし、そういう人には是非オススメしたいツール。

 

二宮金次郎に、なりましょう。