南米留学放浪放言記

とある大学生が色々勝手にホザくブログ。

【驚愕】Facebookにブログの宣伝広告を出してみた結果・・・

f:id:neoism:20180427112926j:plain

 

NEOです。ブログと私についてはこちら。 

 

 

Facebookページ(普通のアカウントとは異なる)には宣伝機能がある。

 

f:id:neoism:20180427104024p:plain

こういうヤツ。

 

 

このブログでFacebookページを作ったとき。

もっと広まるべきだと思い、宣伝機能に目をつけた。

 

「広告を出してみたら、どのくらいビューが増えるのだろう」

単純に興味もあった。

 

  

広告を出すのは、かなり簡単。

 

f:id:neoism:20180427104509p:plain

 

この画像から分かるように、広告を表示するターゲットの性別や年齢、地域のほか、学歴や趣味など、ペルソナを細かく設定することができる。

 

データ分析の結果、評価が高めの記事の広告を出すことにした。

 

広告を出す期間は7日間で700円に設定。

 

ターゲットは18歳から36歳の日本の男女で、学歴は大学生および大卒、趣味はビジネス、転居等のイベントが近いうちにあった、などなど、色々と設定した。

 

いずれかに該当する人の一部に、広告が表示されることになる。

この金額と設定では、1日あたりの推定リーチ数は79人から440人と表示された。

最大3000人くらい、最小でも500人超えの見込みということ。

 

1日ほどの審査期間を経て無事承認され、広告が打ち出された。  

 

さて、どうなったか。

 

1週間を経て得られたその成果をここに記載する。

 

 

f:id:neoism:20180427105925p:plain


リーチした人数・・・312

エンゲージメント(クリックなど)・・・26

リンクのクリック(ブログに飛んだ数)・・・1

 

 

f:id:neoism:20180427110248p:plain 

んん???

 

  

f:id:neoism:20180427110248p:plain

 

お、おう。

 

 

なお、リーチ数も、推定の最低ラインである500人を大きく割る312。

 

だが、問題はここからだ。

 

  

これを見てほしい。

 

f:id:neoism:20180427110453p:plain

 

先ほどのリーチ数との差異の理由はよく分からない。

 

 

問題はそこではない。

  

f:id:neoism:20180427110642p:plain

 

ええ・・・。

 

いやいや、リンクの中身も見てないのに、「26いいね」て。。。

 

 

問題はいよいよこれからだ。

  

f:id:neoism:20180427111321j:plain

 

 

ボカしているので分かりづらいかもしれないが、ほぼ外国人。

 

いや、日本に広告出したんだが。

 

しかし、彼らのプロフィールや投稿を見てみると、在住地が日本になっていたり、日本人が投稿にコメントしていたりと、日本に関係している人が多かった。

 

また、友達のほぼいないアカウントもあれば、2000を超えるものも。

アカウント作成時期が今年に入ってからのものもあれば、そうでないものも。

  

 

一体、彼らは何なのか。

 

押し間違えてしまったのか。

 

それにしては、外国人が多すぎる。

 

そもそもターゲット地域は日本のみにしたし、詳細のペルソナ設定に外国人の要素は一切入れていない。

 

だから、これは偶然とは考えられない。

 

・・・・・・

 

・・・やはり業者絡みか。

 

 

「いいね 業者」や「いいね バイト」でググってみた。

  

すると、たとえばこんなものが。

 

f:id:neoism:20180427112315p:plain

  

Facebookのいいね!をするだけで稼ぐ方法 | お小遣いサイト比較.net

 

 

この手の業者が絡んでいる可能性は非常に高いだろう。

 

Facebook側が、広告を出した者の満足度を高めて次回以降の課金可能性を高めるために、この手の業者と提携して広告に「いいね」を押させる。

 

大方そんなところだろうか。

 

......Mierda!!!

 

 

宣伝の満足度をFacebookから尋ねられたので、

「26いいね」にも関わらず「1クリック」

裏に何かあるとしか思えない

ファック 

と入力して送信した。

 

 

Facebookの広告は、信用ならんちゅうことがよーく分かった。

まあ有効に使えるパターンももちろんあるのだろうけれど、少なくとも今回のケースはゴミ。

 

トップ画像のチョイスの意味が分かっていただけたでしょうか。

 

という報告でした。