南米留学放浪放言記

とある大学生が色々勝手にホザくブログ。

コロンビア人の特徴を知りたいか?【在住者の声】

 

NEOです。ブログと私についてはこちら

 

さて、コロンビア・ボゴタで生活していて感じる、コロンビア人の特徴について、自分自身の体験に基づいて、書き綴ろうと思う。(あくまで個人の感想です)

コロンビア人特有の特徴というよりも、あくまで日本人と比較しての特徴と言えるものも。

 

 

 

 

オープンな人が多い

 

f:id:neoism:20180430134840j:plain

 

ラテンの国はそういう傾向にあると思う。

 

レストランの店員さんが雑談しにくる、街のATMで後ろに並んでいた人の家に招待される、他大の学生らに話しかけられて卓球をするなど、すぐに打ち解け合いやすい。

 

私自身もオープンな人間だから、というのももちろんあるが、日本ではそういうことはあまり起きない。

 

 

 

進んで奢ってくれる人が多い

 

f:id:neoism:20180430134904j:plain

 

その日会ったばかりなど、特に関係が浅い場合、誘われてご飯を食べに行ったときにお金を進んで出そうとしてくれる人が本当に多い。

 

 

外国人だから歓迎されているというのもあるだろう。

 

 

日本人は犬を食べると思っている人がチラホラいる

 

f:id:neoism:20180430123446j:plain

 

「日本人は犬を食べるの?」と聞かれることが何度もあった。

 

中国の一部では今も犬肉祭というのがあって、今も犬が食べられているらしい。犬鍋が人気だそうで。

なお、その祭りの期間に食べられる犬の数は1万頭に上るという。

そのためにペットが盗まれることもあるのだとか。

 

犬肉祭りは残酷?それとも食文化?

 

 

美男美女が多い

 

f:id:neoism:20180430135118j:plain

以前ディスコで出逢った美女

 

美的感覚というのは人それぞれだが、よく言われるように美男美女が多い印象。

日本にも美男美女はたくさんいるが、その割合が違う

特に私の大学はリッチな大学なので、特にその割合が顕著。

 

そのことはコロンビアの人たちも割と自覚しているようで「コロンビアの女の子はどう?(可愛いだろ?)」とよく尋ねられる。

 

コスタリカ(Costa Rica)、チリ(Chile)、コロンビア(Colombia)は、美女大国3Cとも言われる。

 

美女大国と言われるのに美男大国とは言われないのは、男性の方が恋愛において視覚で得られる情報をより重視する傾向にあるからというのも大きいだろう。

 

 

若者にクリスチャンは案外少ない印象

 

f:id:neoism:20180430135211j:plain

モンセラーテの丘の教会

 

コロンビアは人口の95%くらいはカトリックと言われている。

しかし、若い人に宗教観を尋ねると「特に信仰していない」という回答の割合が多い。(標本は主に大学生だが)

 

家に遊びに行くと十字架があることが多いが、親世代は信仰していても、子供はそうでもないケースが多い印象。

 

 

名前の意味を尋ねられることが多い

 

f:id:neoism:20180430135302j:plain

 

誰かと知り合ったとき、名前を聞かれたあとに「何か意味があるの?」と尋ねられることが多い。

ちなみに映画「君の名は。」の知名度は高い。

 

 

日本のアニメのことは大体みんな知っている

 

f:id:neoism:20180430135346j:plain

まあ、いわずもがな、これは世界共通だろう。

ドラゴンボールやナルトは特に人気が高い。

特にオタク系の人は知識が深くて何言ってるか分からない。

 

 

日本人と会ったことがない人がほとんど

 

f:id:neoism:20180430135526j:plain

私and日本の友達とグデタマ

 

日本人はおろかアジア人すらほとんどいないので、非常に珍しがられる。

街を歩けばジロジロ見られたり、微笑みかけてくれたりしてくれる人が多い。

 

 

ケンジ=ヨコイという方がそこそこ知られている

 

f:id:neoism:20180430135641j:plain

 

「ケンジ=ヨコイを知ってる?」

「日本人には会ったことはないけれど、ケンジ=ヨコイなら知ってるよ」

何度もこの類いのことを言われたことがある。

 

彼はコロンビアで最も有名な日本人だそう。

コロンビアでボランティアや講演などの活動をしている方。

 

 

コロンビアのことを色々教えてくれる人が多い

 

f:id:neoism:20180430135732j:plain

 

観光情報、文化、スラングなど、積極的に教えてくれる人が多い。

もちろん、彼らの皆がコロンビアを愛しているわけではない。

しかし「この国のことを知ってもらいたい」という気持ちは、多分世界の誰しもが抱いている。

 

 

時間にルーズな人が多い

 

f:id:neoism:20180430135759j:plain

 

待ち合わせ時間に遅れても「ここはコロンビアだぜ、ハハハハ」的なノリの人が割といる。

 

そんな感じで比較的ノンビリしているので、レジの待ち時間が長い

スーパーではレジ前の長蛇の列なんてザラ。

とにかく遅い。

そして多分そんなに文句を言う人もいないから、ずっとそんな調子なのだと思う。

 

 

 

店員がフランク

 

f:id:neoism:20180430135822j:plain

 

初対面の店員が名前を尋ねてきたり、少し顔見知りの店員が「アナタのことをもっと教えて」と話しかけてきたり。

私が外国人だからというのが大きいだろうけれど。

 

日本では公私混同は基本有り得ないが、コロンビアではそうでもないと感じる。

 

 

ゲーム好きが多い

 

f:id:neoism:20180430135955j:plain

 

ビデオゲームというより、UNOとかボードゲームの類いや、山の手線ゲームの類い。

集まったら何かしらやり始めることになる場合が多い。

 

  

代表酒アグアルディエンテの使われ方

 

f:id:neoism:20180509042516j:plain

 

アグアルディエンテ(Aguardiente)とは、コロンビアを代表する、サトウキビを原料とする蒸留酒。

アルコール度数が高く、ショットグラスで飲む。

 

クラブに行ったり誰かの家に集まったりしたら、皆でボトルを買って回し飲みしたりすることが割とある。

しかし、罰ゲームとして、酔うための手っ取り早い手段として使われている印象。

 

ちなみに、「乾杯!」は「Salud!」(サルー)。

 

 

女性は腕毛の処理をしていない

 

基本的に皆生やしっぱなし。

腕だけ見れば「男かな」と思わざるを得ない人も。

足毛や腋毛やあそこの毛は剃るのになんで? 

 

 

男も割と脇毛を剃る

 

f:id:neoism:20180509043306j:plain

 

脇毛の処理をしている男が多い。

 

これは、日本以外の大半の国がそうだと思う。

オリンピックを見ていても、体操選手で脇毛フサフサなのは日本代表くらい。

 

 

爪や手をシッカリ見る女性が多い

 

f:id:neoism:20180509043617j:plain

 

爪の綺麗さや手の綺麗さは、コロンビアでは男女ともに割と重要な様子。

2月に知り合った子には爪切りとヤスリだけではなくマニキュアまで塗られた。

 

  

「Welcome to Colombia」

 

f:id:neoism:20180515100144j:plain

 

ボゴタで生活していると、日本以上に狂人に出くわす確率が高い。

また、交通渋滞やバスの混雑は時間帯などによっては結構凄まじい。

 

コロンビア人と一緒に街を歩いているときに、そのような人が出現したり、渋滞が凄かったりすると、「Bienvenido a Colombia」「Welcome to Colombia」、つまり「コロンビアへようこそ」と冗談っぽく言われることが割とあったりする。

 

 

その他

 

・時間にルーズで遅刻は割と普通

・タトゥーやピアスしている女の子が多い(まあ世界的に見れば全く珍しくはない)

 


こちらも併せてどうぞ。

neoism.hatenablog.com