南米留学放浪放言記

南米コロンビアのボゴタに留学する大学生が色々勝手にホザくブログ。

ヒッチハイク完全マニュアル第1弾【心構えなど】

f:id:neoism:20180616042717j:plain

 

 

このシリーズでは、これまでのヒッチハイク経験から導き出したヒッチハイクの手法やコツなどをまとめる。

なかなか車が捕まえられない人や、ヒッチハイクをしたいと思っている人などは、一読してみることを勧める。

 

 

 

 


はじめに

 

私は、2015年7月の山形県内での移動を皮切りに、山形から茨城(免許合宿帰り)、滋賀から神奈川、東京から和歌山への正月ヒッチハイク帰省、友人らとの突発的東日本横断(金沢から名古屋経由で横浜)など、長距離を中心に、ヒッチハイクを実行してきた。

 

沖縄でピンチに見舞われた際は、過去の経験からヒッチハイクという手段を現実的選択肢として咄嗟に考えつくことができたことによって、上手く切り抜けることもできた。

 

ヒッチハイクは、単なる移動手段としての意義に留まらず、人々の善意に触れることのできる機会となる。(例えば深夜にも関わらず自宅から遠く離れたところまで届けていただいたり、ジュースやフード、居酒屋などで奢っていただいたりということがあった)

 

f:id:neoism:20180616042803j:plain

年始ヒッチハイク帰省の際に滋賀から大阪まで乗せてくれたあと奢っていただいた

 

また同時に、普段は出逢うことのないような人たちとの出逢いなど、運の要素の強い刺激的冒険であり、さらには精神鍛錬や羞恥心克服の手段(周囲からの視線など)としても有用な、一種のエンターテインメントであるとも言える。

 

勿論、たとえ日本でも100パーセント安全ということは有り得ないが、本人次第でかけがえのない経験を得られると断言できる。


当マニュアルは、過去の個人的経験を踏まえた上での手法やコツをまとめたものであり、必ずしも万人に通ずるとは限らない。

また、当マニュアルに記載された内容を実行した結果については、一切の責任を負うことはできないことを念のために明記しておく。

 


ヒッチハイクとは

 

通りがかりの自動車に(無料で)乗せてもらうこと。

この方法で旅することをヒッチハイキング、旅行者はヒッチハイカーと呼ばれる。

 


全手法を通しての心構え (流儀)

 

・身なりは清潔に。

・明るく爽やかな笑顔を。

・誠実に元気よく振る舞う。

・車内では眠らない。

・警戒心を忘れず、所持品には注意を払う。

・感謝の気持ちを言葉と態度でしっかり伝える。

・乗せてくれる人を道具と見なすのはあまりに論外である。

・乗せてくれた人に、乗せてよかったと思ってもらうべく車内では努力する。

・完全アウェーなのだからどう思われてもいいという心持ちで取り組む。

 


ヒッチハイクの主な目的

 

f:id:neoism:20180616043000j:plain

 

・交通手段を失った際の応急策

・旅費や交通費の節約

・冒険

・人々との交流

・精神鍛錬、羞恥心克服

 

2017年現在、例えば東京-大阪間であれば、夜行バスで3000円程度、安いときには1700円程度で移動することができる。

 

そんな現代においては、旅費の節約の意味は失われてきており、冒険のため、或いは人との出会いのためにヒッチハイクに繰り出す者が多いと考えられる。

 

ヒッチハイクは、自ら声をかけたり周りの注目を集めたりすることになるため、羞恥心を克服するためのトレーニングとしても有用性が高い

 

 

 

私のヒッチハイク歴

 

2015年
山形県内の短距離移動 (1)
山形県・米沢駅周辺-福島駅前 (1)
福島駅近くのPA-茨城県つくば市 (2)

 

2016年
滋賀県・大津SA-神奈川県・海老名SA―神奈川県・箱根湯本 (7)

 

2017年
東京都・用賀インター-大阪府・難波駅前 (6)
大阪府・天王寺付近-和歌山県・和歌山駅前 (1)
沖縄県内の短距離移動 (1)
石川県・観法寺PA-岐阜県・白川郷-愛知県・名古屋駅前 (5)
愛知県・守山PA-神奈川県・辻堂駅前 (3)
静岡県・バス停風穴-大阪府・梅田駅前 (5)

 

2018年
キューバ・路上 (3)

 

 

計35台 (2018.06.15現在)

 

(ほぼ全て一人。カッコ内は台数)

 

 

 

 

第2弾では、ヒッチハイクの三手法と各留意点について述べる。

 

neoism.hatenablog.com

 

 

▼冒険系関連記事

 

neoism.hatenablog.com

 

neoism.hatenablog.com

 

 

記事が良かったら、下のボタンを一瞬ポチッとお願いします!

当ブログのランキングが上昇して良いことが起こります。 

 

 

 

 

 

 

 

 

クリックしていただけると励みになります(^^)

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外留学(その他)へ
にほんブログ村

 

★Twitter、お気軽にフォローどうぞ!