南米留学放浪放言記

南米コロンビアのボゴタに留学する大学生が色々勝手にホザくブログ。

ボゴタ郊外の遊園地&動物園「Parque Jaime Duque」は色々ヤバい

 

NEOです。ブログと私についてはこちら。 

 

Parque Jaime Duque (パルケ・ハイメ・ドゥケ) とは、ボゴタ郊外にある複合テーマパークを紹介。

 

 

 

基本情報

 

アトラクション的なものから動物園、さらには博物館や美術館の要素も持ち合わせる、ごちゃまぜ空間だ。

 

キャッチコーピーは

 

f:id:neoism:20180602083250p:plain

 

Un mundo de experiencias en un solo lugar

つまり「たった一つの場所で、様々な経験ができますよ」

 

ボゴタ界隈の人たちは小学校の遠足などで大抵一度は足を運ぶ、有名テーマパーク。

 

オープンは1983年。

Jaime Duque Grisalesという、1917年生まれのパイロットが、引退後に設立した。

彼は家族連れなどが楽しめるような空間を作るのが夢だったそう。

 

この施設の特色は、読んでいただければ分かるだろう。

 

 

 

 

 

アクセスと入場

 

Parque Jaime Duqueは、ボゴタを出て北に進んだところに位置する。

近くの有名観光地には、塩の教会のあるZipaquirá (シパキラ) や、黄金伝説の湖のあるGuatavia (グアタビタ) など。

 

営業時間は、

水木金:09時-17時 32000ペソ(2018年6月現在1200円)

土日祝:10時-18時 42000ペソ(同1600円)

火曜日は営業していない。

また、月曜日は日による(記事最下段記載のホームページ参照)。

 

 

 マップを見るとすぐバックに山があるように、郊外らしく自然に囲まれている。

また見ての通り、駐車場があるので、車でアクセスすることができる。

 

バスでのアクセスは、ボゴタのTransmilenioの駅、Portal NorteからBriceño行きのバスに乗るという方法があるようだが、念のために駅員さんなどに聞いてみることを推奨する。(ホームページには見る限り記載がなかった)

 

 

施設マップ

 

f:id:neoism:20180602081658p:plain

 

カリブ海ゾーンや文化ゾーンなど、様々なコンテンツがあることが分かる。

 

 

 

 施設内の様子

 

入場ゾーンのドーム

 

f:id:neoism:20180602062131j:plain

 

チケットを買って少し進むと、大きなドームが。

コロンビアの自然や動物の絵、巨大なシャンデリアなどを拝むことができる。

 

平日だったからだろう、人は少なく、施設内での渋滞などもなかった。

 

地下通路を渡り、メインの敷地に足を踏み入れる。

 

 

タージマハル

 

f:id:neoism:20180602062623j:plain

 

道路からも見える、インドの有名な世界遺産「タージ・マハル」の偽物が。

 

遠くから見てもハリボテ感が感じられる。

 

そして、この施設の象徴的存在でもある、タージ・マハルを攻める。

 

f:id:neoism:20180602062605j:plain

 

 

見た目は若干ハリボテ感があるが、中身はしっかり充実している。

 

f:id:neoism:20180602062553j:plain

 

1階には、古今東西の有名な絵画の巨大な複製の数々。

 

 

f:id:neoism:20180602092228j:plain

 

大体こういう変な奴がいる。

 

 

長く広い螺旋階段を上っていく。

 

f:id:neoism:20180602092303j:plain

 

 

壁にはこのような絵が沢山飾られていた。

 

f:id:neoism:20180602092337j:plain

 

 

あるフロアには、虫のゾーンがあった。

 

f:id:neoism:20180602092408j:plain

 

しかも巨大。

 

f:id:neoism:20180602062557j:plain

 

虫が苦手な人には拷問だろう。

 

なお、写真はないが別のフロアには、コロンビアの歴史を説明する巨大な絵がたくさん並んでいた。

 

 

タージ・マハルの横には、いくつかの飛行機が。

 

f:id:neoism:20180602062136j:plain

 

パイロットをしていたJaime Duqueさんならでは。

 

 

 

カリブ海ゾーン

 

タージ・マハルのすぐそば、カリブ海ゾーン。

 

f:id:neoism:20180602062149j:plain

 

この写真だけ見ると、まるでタイムスリップしたかのよう。

 

 

もう一つある船の甲板へ。

 

f:id:neoism:20180602062208j:plain

 

 

砲台からの眺め。

 

f:id:neoism:20180602062157j:plain

 

臨場感があった。

 

 

 

 

近くの別の建物に入ると、カリブ海界隈の歴史を説明するミニチュア模型がたくさん。

 

f:id:neoism:20180602062216j:plain

 

歴史を学ぶこともできる。

 

 

 

 

動物園ゾーン 

 

このParque Jaime Duque、動物園の要素も強い。

 

f:id:neoism:20180602062253j:plain

 

蛇ゾーンには、小さな蛇から巨大蛇まで。

ヌルヌル、ゆっくりと動いていて、そのシンプルなフォルムに心奪われかける。

ちなみにアナコンダもいた。

 

 

動物ゾーンで特に心惹かれたのは、これ。

 

f:id:neoism:20180602062304j:plain

 

オセロット。

哺乳綱食肉目ネコ科オセロット属。

夜行性であり、北中南米に生息する。

虎のような模様をしておきながら、猫のような小さなフォルム。

こんな可愛い動物がいたとは。

 

 

f:id:neoism:20180602062316j:plain

 

大きなカメさんたちがおっぱじめていた。

 

 

森の主のごときオーラを放つ、白毛の猿。

 

f:id:neoism:20180602062320j:plain

 

 

 

おっきなインコ。

 

f:id:neoism:20180602062414j:plain

 

人懐っこく、積極的に絡んできた。

めちゃくちゃカラフルかつ鮮やかで、他の美しい動物たちを見ていてもそうだが、「神はいるんじゃないか」と思わされる。

 

 

この写真を見ていただきたい。

 

f:id:neoism:20180602062503j:plain

 

お分かりいただけただろうか。

 

そう、この施設、鳥たちが自由に羽ばたいているのである。(全部ではない)

 

だから、鳥の羽根や糞が、ちらほら落ちている。

鳥たちも少ないストレスでやっていける。

日本では恐らく見られない光景だろう。

 

逃げないのかなと疑問に思ったが、これで上手く機能しているということは、そういうこともあまりないのだろう。

 

 

この美しいブルーの羽根をしたインコさんも見ていただきたい。

短い動画だが、途中から何かが起こる。

 

youtu.be

 

 

自由に動き回るのは鳥だけではない。

 

f:id:neoism:20180602062507j:plain

 

リスがあちこちを走り回っている。

木から木へと素早く走っては登り、降りては走り、ということを繰り返している。

なかなかに自由だ。

 

 

そして、猿たちも。

 

f:id:neoism:20180602062513j:plain

 

そう幅の広くない水路の向こうの島に、手足の長い黒い猿たちが蠢いていた。

集団で固まり、毛繕いなどをしている様子が確認された。

彼らもまた、同じようにこちら側の人間を見て、何かを感じているのかもしれない。

 

 

牛や馬、ダチョウやバッファローなどもいて、一般的な動物園よりも遙かに広い空間で、のんびりとやっている。

 

f:id:neoism:20180602062521j:plain

 

この2匹は、縦に並んで動かず、先頭の方がずっと「ブォォォオ」と喚いていて謎だった。

 

ちなみに、ヒョウや小さな猿、フラミンゴにコンドルなど、他にも様々な動物を見ることができた。

園内でも一番高い位置で飼育されるなど、コンドルの扱いが大きいのだが、アンデスコンドルはコロンビアの国鳥である。日本の国鳥はキジ。

 

 

 

人類ゾーン

 

動物ゾーンを出て、またタージ・マハルの方面に向かう。

 

f:id:neoism:20180602062525j:plain

 

ちなみにこのレールは、トロッコのようなものに乗って園内を眺めながら廻るためにある。

しかし、このときは営業外で、乗ることはできなかった。

 

 

遊園地にあるようなコーヒーカップのアトラクションや、子供用の遊具などを通り過ぎて、しばらく歩くと、謎の像が。

 

f:id:neoism:20180602062628j:plain


筋肉の割には肩幅が狭く、なんとも歪なフォルムに感じられる。

 

ここは、人類ゾーン。

 

 

少し、ズーム。

 

f:id:neoism:20180602090349j:plain

 

一応、モザイクをかけておいた。

 

フルチンにも関わらず、あまりに堂々と立ちはだかっている。

 

 

彼の脚の間を抜けて、建物に入る。

 

f:id:neoism:20180602090353j:plain

 

彼の堂々っぷり、その男気に敬意を払い、規制はかけないことにした。

 

 

その敷地内は庭園のようになっていて、テーマはエジプトの古代文明。

 

f:id:neoism:20180602092727j:plain

 

古代エジプト感のあるオブジェや絵画が、豊かな植物と共存していた。

 

f:id:neoism:20180602062531j:plain

 

静かな空間であった。

 

 

 

古代ゾーン

 

そこを出て歩いていると、

 

f:id:neoism:20180602062541j:plain

 

何かいる。

 

f:id:neoism:20180602062536j:plain

 

恐竜さんたちだ。

 

本当にごちゃまぜ空間。

 

 

ティラノサウルスと記念写真。

 

f:id:neoism:20180602062619j:plain

  

 

一部の恐竜の中には入ることもできる。

内壁には様々な時代の恐竜が描かれていた。

 

f:id:neoism:20180602093652j:plain

 

 

ちなみに、恐竜ゾーンを離れて歩いていると、

 

f:id:neoism:20180602062548j:plain

 

路上で孔雀に遭遇。

 

柵越し以外で孔雀を拝んだのは初めてかもしれない。

よく見ると結構羽根が抜け落ちている。生え替わりの季節かな?

ちなみに、近くの建物の屋根の上などにもいた。

孔雀は飛ばないものかと思っていたけれど、ちゃんと飛ぶみたい。

ただ、あの飾りの部分は使わない。

 

 

 

その他

 

伝説の化け物ゾーンみたいなものもあり、説明を受けたのち、水路の上に浮かぶボートに乗って、メドゥーサなど様々な伝説の化け物を見ることができる。

 

施設内では全体的に謎のオブジェがよく見かけられる。

 

f:id:neoism:20180602062224j:plain

 

掴み取られそうな木。

あるいは護られているのか。

 

 

 

他にも見ることができなかったものはたくさんあった。

とにかく、色んなものがごちゃまぜになった、カオスな刺激的空間であった。

 

なお、施設内にはレストランもいくつかある。

ドリンクなども売っているが、物価は高め。

 

日によってはイベントもやっているらしい。

 

f:id:neoism:20180602062615j:plain

 

というわけで、複合エンタメ施設、Parque Jaime Duqueの紹介でした。

このごちゃまぜサラダボウル空間に、Zipaquirá (シパキラ) の塩の教会や、Guatavia (グアタビタ) の黄金伝説の湖などに立ち寄った際などにでも、是非立ち寄ってみてはいかがだろうか。

 

 

▼公式ホームページ

https://parquejaimeduque.com/index.html