南米留学放浪放言記

南米コロンビアのボゴタに留学する大学生が色々勝手にホザくブログ。

キューバ旅行者は絶対見るべき!中米キューバ情報① ~渡航・入国・宿泊~

 

2018年、大学の長期休暇を利用して、6月3日から14日にかけて、キューバを旅した。

 

キューバは、これまで行った国の中で、最も興味深いと感じた国であった。

卒論のテーマにしたいくらい。

気になることが沸き上がっては、街のオッサンなどに質問しまくったものだった。

 

観光地を除けば、キューバに関する日本語情報は、そう多くはない。

観光地情報は他のブログ等の既存記事に譲るとして、ここでは、現地で仕入れたり自分で調べたりした、これからキューバに行こうとしている人にも本当に役立つキューバの情報を、5つに分けてまとめた。(計10000字以上になってしまったため) 

 

なお、近年のキューバは変動が激しいので、ここに書いてある情報はすぐに古くなってしまう可能性が高い。

 

 

 

 

渡航・入国編 

 

 

ツーリストカードは航空会社によっては用意してくれる

f:id:neoism:20180617112418j:plain

ツーリストカード

日本からキューバに行く際は、大使館に連絡してツーリストカードという一種のビザを取得しなければならない。これが、なかなか面倒らしい。

しかし、航空会社によっては、機内で配布してくれるものも。

私はWingoという航空会社でキューバに行ったのだが、搭乗口の受付でいくらか払うことで、簡単に入手することができた。

 

保険証は確認されなかった

キューバに入国する際は、ツーリストカードと海外保険証が必要であるというのが通説である。

しかし、チェックインカウンターでも入国審査でも、確認されることはなかった。

他の日本人の書いたブログを見ても、同様に必要なかったという人がいる。

ただ、こうした制度はよく変わるらしいので、最新情報を押さえていきたい。

 

キューバにドローンは持ち込めない

f:id:neoism:20180617112427j:plain

キューバに向かう飛行機

一緒に行った友人が首都ハバナに到着したあとに空港で没収されていた。

なお、帰りに空港で受け取り可能。

 

ハバナの空港からのバスは、国際線からだと乗りにくい

首都ハバナの空港から市街に出る主な方法は、

・シャトルバス

・公衆バス

・タクシー

なのだが、シャトルバスはツアーで来た人向けのお迎えバス。

タクシーは、例えば旧市街に出ようものなら15CUC(=15USドル)ほどかかってしまう。

一方、公衆バスは日本円で10円とかそれくらいという破格で街に出られるのだが、国際線のある第3ターミナルからはこのバスが出ていない。

このバスに乗るには、国内線のある第1ターミナルに別のバスで移動するなどする必要があるのだ。

また、このバスは本来的には国民向けであり、ぎゅうぎゅう詰めのハードな環境と聞く。

だから、バスよりも乗り合いタクシー(taxi colectivo)で、割り勘で移動するのがもっともコスパが高いやり方であると言えよう。(まあ状況に依るが)

 

 

宿泊編

 

カサと呼ばれる民泊

f:id:neoism:20180617112437j:plain

ハバナで宿泊したカサ

キューバにはゲストハウスやホステルはあまり多くない。

首都ハバナには結構あるみたい。

その代わりに、カサ・パルティクラル(casa particular)という民宿がたくさんある。

そうした民宿は、Airbnbなどで事前に予約しておくこともできるし、現地で飛び込んでいくこともできる。

部屋代で支払うことになるのが一般的なようで、仲間と割り勘したことにより一泊1000円程度で宿泊することができた。1人旅だと結構な出費になってしまうだろう。

3都市のカサに宿泊したが、どこもエアコンや冷蔵庫やシャワーが自由に使えるし、割と快適であった。

民宿なので、お喋りなどして交流することだってできる。

家主たちとは別の部屋や建物に宿泊することになるので、門限はなかった。

課金すれば朝食を準備してくれる。個人的経験上、コスパはあまり良くない。

 

カサにあるノートで情報収集

情報ノートとも呼ばれるそうしたノートには、キューバ観光情報などを過去の宿泊者たちが書いている。

日本人がよく宿泊するような宿に行けば、日本語で情報収集することができるだろう。

 

カサの冷蔵庫の中身は物価が高い

f:id:neoism:20180617112433j:plain

ハバナの街並み

どのカサにも部屋に冷蔵庫があり、水やジュースが入っていた。

しかし、いずれも通常価格の5倍くらいしたりするので、注意が必要である。

飲んでしまったとしても、チェックアウト前にスーパー等で買い足しておけば問題ない。

 

ホテルという選択

ホテルには泊まらなかったので詳細は分からないが、宿泊費が高い分、Wi-Fiがあったりと過ごしやすいだろう。

リゾート地では先進国並の宿泊費がかかってくる。

 

 

 

他のキューバ情報記事は、キューバカテゴリーから見ることができます。

 

記事が役に立ったら、下のボタンを一瞬ポチッとお願いします!

当ブログのランキングが上昇して良いことが起こります。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

クリックしていただけると励みになります(^^)

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外留学(その他)へ
にほんブログ村

 

★Twitter、お気軽にフォローどうぞ!