南米留学放浪放言記

南米コロンビアのボゴタに留学する大学生が色々勝手にホザくブログ。

レイキを体験したら怪しかったけどちょっと不思議だった件

f:id:neoism:20180630105227j:plain

 


NEOです。ブログと私についてはこちら

 

 

「レイキ」という存在をご存知だろうか。

 

 

レイキ (霊気 英:Reiki、Ray-Ki)とは。

 

海外から導入された思想・技術と日本の文化が融合して生まれた民間療法で、手当て療法・エネルギー療法の一種である。明治末~昭和初期に流行した。

レイキは身体に備わっている自然治癒力への東洋の信仰に基づくともいわれ、西洋自然魔術の伝統に連なるとも考えられる。 施術者は、患者の治癒反応を促進することを目的とし、患者に軽く手を当てる、もしくは患者の真上に手をかざして、手のひらから「レイキ」というエネルギーを流すと考えている。(Wikipediaより引用・編集)

 

 

私は一度、このレイキというものを施術してもらったことがある。

今回はその体験について、記す。

 

それは2017年、友人と金沢→名古屋→横浜と行き当たりばったりの三人旅をしたときのこと。

東京発の夜行バスで金沢に着いた日の夜。

以前友人が東南アジアを旅行中に知り合ったという、金沢出身のレイキの人と会うことになった。

30代後半くらいの男性で、レイキ経験は数年程度。海外放浪中にレイキに出逢い、始めたのだという。

 

レイキなんて胡散臭いと思っていたので、事前に色々調べた。

レイキに保険が適用される国もあるらしく、意外とガチかもしれないと思った。

とはいえ、手を当てるだけで何かが変わるなんてことが果たしてあるのだろうか。

その人の施術は業界最安レベルだそうで、3500円で1時間強。

決して出せない額ではない。

Airbnbで取っていたビジネスホテルに来てもらい、Nの施術が終わったあと、結局診てもらうことにした。

 

f:id:neoism:20180630105216j:plain

 

床に仰向けに寝転がる。

嘗て靱帯損傷した左足首と、小学生のときにスキー場のジャンプ台にて強打して以来、固いところで仰向けになると痛みを覚えていた尾てい骨を施術してもらった。(ジャンプ台と知らずにジャンプした)

施術というのは、「気を送る」という行為であり、要は手で温めてもらった

 

施術が始まると、彼の手は常人以上に温かく感じられた

実際に触れているわけではなかったのに、触れるよりも温かい。

まるでカイロのようだった。

 

顔のあたりに手がやってきたときは、脳が痺れるような、動かされるような、奇妙な感覚に陥った。

これは、感じる人とそうでない人がいるという。

 

施術が終了したあとは、施術の中で分かったことについて色々教えてもらった。

「感受性が弱くなっている」「創造性が不足している」「自分に自信がある」「霊感がある」「生命力が非常にある」などと言われた。

 

感受性に関しては驚きだったが、どうとでも取れる。

創造性に関しては、確かに昔に比べれば当時はあまり何もつくっていなかった。

自分にある程度は自信はあるし、あるべきだと思っているが、振る舞いなどからそう判断することは容易だろう。

霊感があると感じたことはない。

生命力はある方だと思う。 

 

アドバイスとして「過去の失敗に囚われず、未来を不安がらないようにして、今にフォーカスすべし」「目標を人に語らない」などと言われた。

 

だが、これらは誰に対してでもできるアドバイスだ。

 

なお、彼はヨガなどを通して今にフォーカスすることで、状態の波に揺られないよう心掛けているのだという。

  

体の各部位の状態に関しての解説もあった。

その際、目は問題ないと言われた。

「視力が悪いです」と言うと「それはまた別の問題」などと言われた。

「ドライアイです」と言うと「それは目薬で改善できる。眼精疲労とかしか分からない」と言われた。

実は、ハウスダストや花粉などのアレルギーは結構あるし、眼精疲労もあるし、よく充血するし、父方の遺伝で緑内障のリスクは高い。

 

彼は憶測でデタラメを言っていて、含みを持たせた言い方をすることなどによって複数の解釈を持てるように軌道を変えて納得させようとしてきているとしか思えなかった

結局最後には「これに関してはぶっちゃけあまり分からない」などと逃げられるので、深くは追及しなかった。

占い師によくある手口だ。

 

 

だが、こうしたものを非難するつもりはない

 

超高額を取られているわけでもないし、完全にインチキとも思えない。

悪徳レイキや悪徳占い師はさておき、こうしたカウンセリング的なものを通して前向きになれたり救われたりする人がいるのなら、それでいいと思っている。

 

疑り深く、批判的に物事を見がちな私のような奴には、占いやレイキのようなスピリチュアル系はあまり向いていないと思う。

 

ちなみに、レイキは修行とか要らないらしく、誰にでも出来るとのこと。

 

f:id:neoism:20180630105221j:plain

レイキできそうな人

 

彼が帰ったあと、他に施術を受けた2人と色々話し合った。

皆それぞれの感想を抱いており、面白かった。

他のレイキがどんなものなのかは知らないが、多分こんな感じに施術とカウンセリングがセットになっているんじゃないかと思う。

 

一つ興味深かったのは、尾てい骨の痛みが取れたこと。

施術中は仰向けになっていたので尾てい骨が痛かったのだが、彼が帰ったあとに地面に横になると痛まなかったのが不思議だった。

翌日もあまり痛まなかった。それから日が経つにつれ、いつの間にか痛みが戻ってきた。

温めたことで、血流が良くなっただけなんじゃないかな、と思ってるけど。