南米留学放浪放言記

南米コロンビアのボゴタに留学する大学生が色々勝手にホザくブログ。

【要注意】ほぼ予習なしで上海に行ってぶち当たった4つの問題

f:id:neoism:20180630135634j:plain

上海に行ったなら猫も杓子も撮る風景。例外にはならなかった

 

NEOです。ブログと私についてはこちら

 

2017年、大学の連休を利用して、友人と中国・上海へ。

 

日本屈指の零細空港「茨城空港」から飛んだ。

安い便があるし、空港が小さいから移動が楽だし、駐車場が無料なので、なかなか良い。まあアクセスは悪いが。

 

二人とも予習をあまりせずに臨んだことにより、4つの問題にぶち当たった。

上海に旅立つ皆さん要注意! 

 

   

空港からの移動問題

f:id:neoism:20180630135626j:plain

 

上海浦東国際空港(シャンハイプードンこくさいくうこう)ではネットが使えなかった。

事前の情報収集を怠ったことで、ここで右往左往するハメに。

事前に調べて到着後の段取りを決めておこう。

 

まず少額を両替して、バスなり電車なりリニアモーターカーなりに乗って市街に行けば良い。

 

なお空港では、正式な空港職員に見せかけたキャッチセールス(両替や無線機器)がたくさんいるので、注意。

 


意外と英語通じない問題

f:id:neoism:20180630135618j:plain

 

中国人、特に中国一の大都会に生きる上海人ともあろうものならば、英語は普通に通じると思い込んでいた。

 

ところが、そんなことはなかった。日本と同じやん。

 

若年層を始め、確かに通じる人もいるが、その割合は思いのほか少なかった。

中国語会話帳の入った電子辞書を持ってきてはいたが、まさかの電池切れ。

 

ネット接続もままならなかったため、初日のホテル探し(予約すらしていなかった)では苦労した。

 

ただし、グレード高めのホテルの受付の人は英語が流暢な傾向にあったので、情報収集ができた。

 


VPN接続問題

f:id:neoism:20180630135623j:plain

 

中国は情報統制が厳しい。

 

LINE、Google、Facebook、Instagram、Twitter、Safariなど、日本人の間で馴染み深い携帯アプリが使えない。

Wi-Fiに繋げていれば受信だけはできるし、かかってきたLINE電話には対応できるが、メッセージは読み込めないし、送信もできない。

Googleが使えないということは、GmailもGoogle Mapsも使えないのだから、不便極まりない。

 

無論、そのことは事前に把握していた。

そして、VPN接続というものを利用すれば、そうしたアプリを使用することができるということも。

 

しかし、事前に入れておいた無料VPNアプリ「VPN Gate」と「Open VPN」(筑波大学発)が、いくら弄っても使えない。

VPN接続が出来ていると思われる局面もあったが、いずれも意味を成していなかった。

 

情報収集ができないし、連絡に対応することができない。

友人は学生にして個人ビジネスをしていることもあり、事態は深刻であった。

 

 

AppStoreは、Wi-Fiに繋げれば正常に機能していた。

そこで、検索エンジンを探した。

すると、SeachAssistなるアプリが。

複数の検索エンジンに切り替えて検索ができる代物であった。

それを用いると、GooやExciteといった検索エンジンは機能することが分かった。

 

それらを用いて、改めてVPNについて調べてみた。

無料のものの中でもっともメジャーと思しきものを試して使えなかったのだから、有料のものをチェックしようと考えていると、「セカイVPN」なるサービスに行き着いた。

有料VPNサービスの中では最大手級のようだ。

 

中国のホテルやカフェなどのWi-Fiはセキュリティが甘いので、以前購入したウイルスバスターのアプリのVPNを起動し、セキュリティを高めた上でクレジットカードなどの情報を記入

 

2ヶ月間無料とのことだったので、ノーダメージで登録できた。帰国後に解約。

 

こうしてネット問題から切り抜けることができた。

Wi-FiによってはVPN接続ができない場合もあった(お店など)が、宿泊した全3つのホテルでは、いずれも問題なく使用できた。

 


ぼったくり詐欺問題

f:id:neoism:20180630135631j:plain

 

上海で、半日に2回詐欺被害に遭った。

これは長くなるので、別記事に記載している。

事前に現地の詐欺の手口を把握した上で、警戒心を絶やさないのが肝要だ。

まあ、あえて途中まで乗っかってみるのも面白いと思うけど。

 

その記事はこちら。

上海旅行してたら1日に2回詐欺に遭った話。

neoism.hatenablog.com

 

なかなか刺激的で楽しい旅だった。

こうした問題と格闘するのも、旅の醍醐味かもしれない。

まあ、ずっと格闘するのは嫌だが。

 

ちなみに帰国後、土浦ナンバーが上海ナンバーに見える現象がしばらく続いた。