南米留学放浪放言記

南米コロンビアのボゴタに留学する大学生が色々勝手にホザくブログ。

NEOについて、南米留学放浪放言記について

f:id:neoism:20180204065030p:plain

 

とあるバガボンド系有機物質。

和歌山の田舎に生まれ育つ。よく笑う赤子であったという。

幼い頃よりモンゴルの草原でゲルホームステイやオーストラリアの田舎町でファームステイ&小学校短期通学など海外での経験を多く積み、自ずと世界に目をやるようになる。

 

二度の保育園中退、幼稚園編入を経て地元の小学校へ。

小1のときに漫画を買ってもらえなかったことで、自ら漫画を描き始め、毎日空想にふけるなど、内向性の強い少年でありつつも、毎日のように誰かと喧嘩したり、担任含むクラスのほぼ全員を敵に回したり授業をボイコットしたりするほどに集団に馴染めない、不器用でシャイで反抗的な少年であった。

マッチョへの憧れから場所を問わず足に重りを巻いて日常的に筋トレに励んでいた時期もあった。

人に認められたい思いや好きな人に好かれたい思いなどから外向性が強化されてゆき、当初は圧倒的問題児であった中学時代は中盤以降は生徒会長として色々活動する。部活はサッカーだが、先輩と揉めに揉めてからはたまにしか行かなくなる。

 

勉強は出来る方だったので高校は私立の進学校に入学し、好成績を修めつづけるも、勉強メインの退屈な生活を嫌い、次第に中だるみすると同時に刺激を求めて様々なリスクをテイキングする。筋トレ同好会を作ろうとして理事長に却下され、少林寺拳法部に入りのんびり過ごす。

高3の終わりに、それまでの狭い視野での過ごし方に気付いて大きな後悔を覚えて以来、チャンスを逃すまいとアンテナを高く張るようになる。

 

大学受験に失敗し、その流れで急遽飛び込んだ宮城の震災NPO先で農業などをしたあと、大阪にてニート的浪人生活を開始。迷い、考えながら1年を過ごす。また、時間があったので映像制作を始める。

 

翌年、茨城県の筑波大学に入学。

「心の高鳴る空間に臆せず飛び込んでいく好奇心と冒険心」と「それを実現するフットワークの軽さと逃げ足の速さ」を武器に、多くの学生が経験しないであろう様々なことを経験しながら「言語化による整理、体験から経験への落とし込み」を繰り返す中で、己の思想や価値観を醸成していく。

 

現在は交換留学生として南米コロンビア在住。(2018年)

アコースティックギターや映像制作や物書き、旅や深夜徘徊を嗜む。短距離走や木・柵・岩などに登るのが得意。好きな数字は109。

よく言われることトップ3「就活しなさそう」「ゲイにモテそう(≓ゲイっぽい)」「何考えてるの?」

 

さらに詳しいプロフィール(これまでの人生でやってきたこと)はこちら。

少々過激かもしれない。

neoism.hatenablog.com

 

このブログでは当面、

・南米コロンビア(事情、観光)

・日本や海外の観光情報(キューバなど)

・お役立ち情報

・ふざけたネタ

などを中心に扱う。

 

また、これとは別に「NEOISM」というブログも運営している。

こちらは、私NEOの思想・流儀・価値観に重きを置いた内容となっている。

 

www.neoism.xyz

 

「思想・流儀・価値観」のNEOISM

「南米・その他有用情報」の南米留学放浪放言記 (名称称変更予定)

 

読者登録はこちらから。