南米留学放浪放言記

南米コロンビアのボゴタに留学する大学生が色々勝手にホザくブログ。

素晴らしい文章とは何か

 

私の目指す文章はどんなものか。

 

 

 

もちろん、文章と一口に言っても、小説や随筆もあれば新聞記事や研究論文など、多岐に渡る。

 

ここでは、このブログで現状最も記事数の多い「生き方・考え方」や「対人関係」カテゴリにあるような、自分の良いと思う生き方や考え方に関して述べた文章を指すこととする。(重要)

 

「自意識過剰からの脱却」や「フラットに生きること」、「立食パーティで上手く過ごす方法」に「コミュ力論」、「心理学関係」などなど、経験に基づいて書いてきた、100を超えるそうした記事。

 

カッコつけて言えば、「マイ人生哲学」とも言えるかもしれない。

 

f:id:neoism:20180827080855j:plain

 

それらの記事を読んだ人たちが、どのような感想を抱いているかは知らない。

 

が、私が目指しているのは、読者の価値観を揺さぶる、或いは人生における発想やオプションを増やすような文章だ。

そうすることで、より楽しく刺激的な人生、或いはより生きやすい人生を掴み取る一助になればと思っている。

 

若者が何を偉そうに、と思う人もいるかもしれないが。

 

 

 

何らかの体験を通して意識や考え方に変化を起こすことは、比較的容易い。

 

一方で、文章だけで、となると、難易度はグッとあがる。

 

だからこそ、人の意識を動かすことができる文章があるならば、そこには大きな力が秘められていると言える。

 

f:id:neoism:20180827080912j:plain

 

同じ主張でも、表現の仕方次第で伝わり方やその強弱は変わってくる。

もちろん、誰が発信するかによっても違ってくる。

 

私は無名の有機物質だ。

実績なんてないに等しい。

社会の石ころ。

マイケルジャクソンが死んだときは各国の新聞の一面を飾り、連日の報道がなされ、日本でも様々な番組が組まれた。

しかし私は、世界の90%以上の人たち同様、いま死んでもニュースにすらならない存在。

 

もちろん近い将来、無名からの脱却を果たす(もちろん良い意味で)つもりだが、少なくとも今は、無名なわけである。

 

だから、いくら何かを主張したところで、特にパソコンや携帯画面を介しての主張に、多くの人は聞く耳なんて持たないだろう。

 

f:id:neoism:20180827080828j:plain

 

じゃあ、どうするか。

 

内容をより良いものに、表現をより良いものにするしかない。

 

背伸びなんてしない、等身大の姿勢で、反対の立場の人すら説得し、発想や価値観を転換させ得るほどに、魅力ある内容・表現を目指したい。

 

 

 

▼関連記事

 

物事が思い通りに進まない人、つまりほぼ全ての人に読んでもらいたい、「100のパラレルワールド」の発想。()

neoism.hatenablog.com

 

最近イライラしてませんか?

もっと人に優しくなれる文章。

neoism.hatenablog.com

 

 

記事が良かったら、下のボタンを一瞬ポチッとお願いします!

当ブログのランキングが上昇して喜びます。

  

 

 

 

 

 

クリックしていただけると励みになります(^^)

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外留学(その他)へ
にほんブログ村

 

★Twitter、お気軽にフォローどうぞ!