南米留学放浪放言記

南米コロンビアのボゴタに留学する大学生が色々勝手にホザくブログ。

【保存版2018】キューバをより楽しく旅するための情報総まとめ

 

NEOです。ブログと私についてはこちら。 

 

2018年、大学の長期休暇を利用して、6月3日から14日にかけて、キューバを旅した。

 

キューバは、これまで行った国の中で、最も興味深いと感じた国であった。

 

 

観光地を除けば、キューバに関する日本語情報は、そう多くはない。

観光地情報は他のブログ等に譲るとして、ここでは、現地で仕入れたり自分で調べたりした、これからキューバに行こうとしている人にも本当に役立つキューバの情報を一挙伝えようと思う。

 

キューバではWi-Fiがあまり使えないので、Pocketにこの記事を入れておけばオフラインで見られるので心強い。

 

Pocket

Pocket

  • Read It Later, Inc
  • ニュース
  • 無料

  

 

渡航・入国編 

 

ツーリストカードは航空会社によっては用意してくれる

f:id:neoism:20180617112418j:plain

ツーリストカード

日本からキューバに行く際は、大使館に連絡してツーリストカードという一種のビザを取得しなければならない。これが、なかなか面倒らしい。

しかし、航空会社によっては、機内で配布してくれるものも。

私はWingoという航空会社でキューバに行ったのだが、搭乗口の受付でいくらか払うことで、簡単に入手することができた。

 

保険証は確認されなかった

キューバに入国する際は、ツーリストカードと海外保険証が必要であるというのが通説。

しかし、チェックインカウンターでも入国審査でも、確認されることはなかった。

他の日本人の書いたブログを見ても、同様に必要なかったという人がいる。

ただ、こうした制度はよく変わるらしいので、最新情報を押さえていきたい。

 

キューバにドローンは持ち込めない

f:id:neoism:20180617112427j:plain

キューバに向かう飛行機

一緒に行った友人が首都ハバナに到着したあとに空港で没収されていた。

なお、帰りに空港で受け取り可能。

 

ハバナの空港からのバスは、国際線からだと乗りにくい

首都ハバナの空港から市街に出る主な方法は、

・シャトルバス

・公衆バス

・タクシー

だが、シャトルバスはツアーで来た人向けのお迎えバス。

タクシーは、たとえば旧市街に出ようものなら15CUC(=15USドル)ほどかかってしまう。

一方、公衆バスは日本円で約10円という破格で街に出られるのだが、国際線のある第3ターミナルからはこのバスが出ていない。

このバスに乗るには、国内線のある第1ターミナルに別のバスで移動するなどする必要があるのだ。

また、このバスは本来的には国民向けであり、ぎゅうぎゅう詰めのハードな環境と聞く。

だから、バスよりも乗り合いタクシー(taxi colectivo)で、割り勘で移動するのがもっともコスパが高いやり方だろう。

 

 

宿泊編

 

カサと呼ばれる民泊

f:id:neoism:20180617112437j:plain

ハバナで宿泊したカサ

キューバにはゲストハウスやホステルはあまり多くない。(首都ハバナには結構あるみたい)

代わりに、カサ・パルティクラル(casa particular)という民宿がたくさんある。

そうした民宿は、Airbnbなどで事前に予約しておくこともできるし、現地で飛び込んでいくこともできる。

部屋代で支払うことになるのが一般的なようで、仲間と割り勘したことにより一泊1000円程度で宿泊することができた。1人旅だと結構な出費になってしまうだろう。

3都市のカサに宿泊したが、どこもエアコンや冷蔵庫やシャワーが自由に使えるし、割と快適であった。

民宿なので、お喋りなどして交流することだってできる。

家主たちとは別の部屋や建物に宿泊することになるので、門限はなかった。

課金すれば朝食を準備してくれる。個人的経験上、コスパはあまり良くない。

 

カサにあるノートで情報収集

情報ノートとも呼ばれるそうしたノートには、キューバ観光情報などを過去の宿泊者たちが書いている。

日本人がよく宿泊するような宿に行けば、日本語で情報収集することができるという。

 

カサの冷蔵庫の中身は物価が高い

f:id:neoism:20180617112433j:plain

ハバナの街並み

どのカサにも部屋に冷蔵庫があり、水やジュースが入っていた。

しかし、いずれも通常価格の5倍くらいしたりするので、注意が必要である。

飲んでしまったとしても、チェックアウト前にスーパー等で買い足しておけば問題ない。

 

ホテルという選択

ホテルには泊まらなかったので詳細は分からないが、宿泊費が高い分、Wi-Fiがあったりと過ごしやすいだろう。

リゾート地では先進国並の宿泊費がかかってくる。

 

 

通貨編

 

キューバには2種類の通貨がある

f:id:neoism:20180625111757j:plain

これはキューバの基礎知識。

外国人向け通貨のCUC(クック、セウセ)、そして、キューバ国民向けのCUP(クップ、モネダ ナシオナル)である。

1CUCは1USドルであり、25CUPである。

CUPはモネダ(moneda nacional)とも言われる。

外国人でもCUPは使えるし、キューバ人でもCUCは使う。

基本的に、CUCを使おうがCUPを使おうが値段は変わらない。

 

キューバ通貨の入手方法

空港に着いたら、両替所に並ぶか、ATMで引き出すか。

両替所は長い行列がつきもの。

円やユーロから換金可能だが、米ドルから換金する場合はレートが悪くなる。

ATMで引き出す場合は、アメリカ資本のクレジットカード・デビットカードでなければだいたい使用できる模様。(VISAカードなど)

なお、両替所でもATMでも、CUCしか手に入らない。

また、キューバの通貨は外貨に換金できないそうなので、両替・引き出しは計画的に。

 

お店のメニュー表示には注意が必要

f:id:neoism:20180625111516j:plain

価格表示がCUC(つまり数字が小さめ)の店は観光客向け、CUP(数字が大きい)の店は地元民向けであると考えてよい。

もちろん、どちらでもサービスを受けることができる。

これをよく理解していない観光客が、本来4CUPのものに4CUC払ってしまうこともよくあるという。もちろん商売側としてはお得なので、教えてくれないこともあるらしい。

CUPならメッチャ安く買えるけどCUCで払うと高くなる、などと書かれているブログなどもあるが、それはCUP表示に対してCUCを払ってしまったということだろう。

写真はローカルのお店。CUP表示。

25CUP=1CUC=1米ドルなので、1CUP=4円くらい。(2018.06)

なお、レストランのチップは勘定に自動的に含まれている。10%。

 

お札の違いは認識しておこう

キューバではクレジットカードは基本的に使えない。(空港は大体可能)

そのため支払いは現金になるわけだが、2種類の通貨に慣れない外国人は、CUCとCUPの見た目の違いを認識しておくことが肝要となる。

CUCの方には、"pesos convertibles"と書かれている。

下手をすると、例えば4CUCのお釣りのはずが4CUPを渡されて、それに気付かず損をするなんてこともあるかもしれない。(400円のはずが16円になってしまうということ)

私は滞在を通してそのように誤魔化されたことはなかったが、スペイン語の分からない人は舐められて騙されることもあるかも。

 

CUCからCUPへの両替は必要?

f:id:neoism:20180625111216j:plain

12日間の滞在で見た限りでは、CUPしか使えない場所というのはほぼなかった。

会計の際に勘違いや騙されるリスクを減らす手段として、CUPを持っておくのも一つかもしれないが、CUPだと紙幣や小銭が多くなってしまい、かさばる。

だから、特に必要ない。

両替をする場合は、街中の銀行に行けば簡単にできる。その際はパスポートが必須。

また、ローカル店の場合、CUCで払ってCUPがお釣りとして返ってくることもあるので、結局はCUPをたくさん手にすることになる。

3CUP札にはチェ=ゲバラが印刷されているので、それを目当てに両替する人もいる。

CUCとCUPを組み合わせて支払うことも可能。

 

CUP支払いの方が少しお得な場合も

レストランなどの価格表示を見ると、CUCとCUPの両方が示されていることがある。

1CUC=25CUPなのだが、たまに、例えば1CUCの商品に23CUCと書かれていたりする。

ただし、両替したところで手数料を取られるので、結果はあまり変わらないだろう。

なお、観光客向けのところではUSドルやユーロでの支払いも可能。

 

50CUC紙幣は存在するが、ほとんど見かけることはない

f:id:neoism:20180625111202j:plain

50CUC紙幣は、ATMで下ろしたとき以外には一度も見かけなかった。

キューバではかなりの大金(最低レベルの月収の倍以上)であるため、観光客向けレストランで50CUCで支払ったときは、お釣りの準備にかなり時間がかかっていた。

 

 

物価編

 

物価はモノによって日本よりも高かったり安かったり

f:id:neoism:20180625120620j:plain

まあそりゃ基本的に当然だ。

スーパーでは水2リットルくらいで1CUC。(しかもあまり美味しくなかった)

日本ではスーパーで最安60円くらいで買える。もっと安い水があったのかもしれない。

ビールは1杯1CUCのお店が多い。(観光客向け)

名産のモヒートはもう少し高め。

写真のセットで40円くらい。(10CUP)

 

ローカルの店と観光客向けの店では価格差が凄まじい

観光客向けレストランなら3CUCくらいはするピザだが、ローカルのお店では同じようなクオリティでも10CUPくらいだったりする。

つまり、8倍近い価格差。

 

4円で甘ったるいコーヒーが飲める

f:id:neoism:20180625110511j:plain

さっきのメニューの写真を見ても分かるけれど、ローカルのお店によくあるのが、1CUPのコーヒー。

カップの大きさはこれくらい。

砂糖多めで甘かった。

今(2018年6月)のレートで4円くらい。

 

タバコはメチャクチャ安い

f:id:neoism:20180625110428j:plain

20本入りのPopularという銘柄で、0.6CUC。つまり70円に満たない。(2018.06)

0.4CUCのもある(40円ちょい)。

もちろんフィルターはちゃんとついている。

ただ、耐久時間は短め。

 

日焼け止めとコンタクト洗浄液はやたら高いし見つからない

日差しが強いので、日焼け止めは必須品。

しかし、キューバにおいて、日焼け止めは高い。200mlで16-19CUCくらい。

また、ドラッグストアにはほぼ置いていない。

高級ホテルの売店にはよく置いているらしいが、割増し価格だ。

私たちはそんなもの使わん、とおばさまたちがおっしゃっていたが、恐らくキューバの人はあまり使っていない。

コンタクトレンズの洗浄液もほぼ売っていないし、かなり高い(150mlで15CUCとか)。

ドラッグストアの商品は比較的高価なので、ケースに入っていたり、店によっては荷物を店員に渡して大きな袋に入れられたり、入場制限(混雑しているわけでもないのに、店内にいる人数を制限され、列に並んで待たなければいけない)がある場合も。

こういう生活必需品ではないアイテムは、発展途上であるほど高い傾向にある気がする。キューバよりコロンビアの方が安いし、それよりもメキシコの方が安い。

余談だが、Droguería(ドラッグストア)と言うと、麻薬の方を連想する人が結構いるようだ。地域差。

 

普通にボッタクッてくるので、値段交渉を忘れない

現地のことをよく知らないと見られれば、かなりの額を吹っ掛けてくるのはどこの国もそうであろう。

複数人に尋ねる、一気に低い額を提示してみるなどの交渉術が重要になってくる。

ちなみに私は、当初1本45CUCと言ってきた葉巻を、2CUCまで下げたこともあった。20分の1未満。ひでえ話だ。

 

 

交通編(タクシーなど)

 

街にはクラシックカーがいっぱい

f:id:neoism:20180625110710j:plain

半世紀以上前のアメ車、さらには旧ソ連の車が未だに現役で走り回っているのがキューバ。

それらはタクシーとして利用されている。

レンタカーはあるが、クラシックカーは運転できない。

古いだけあって乗り心地は悪く、サスペンサーもオンボロなのでよく揺れるし、エアコンの効きは悪いし、排気ガスが凄い。

特に人気観光地の首都ハバナにはそういった車がウジャウジャしているが、田舎の方に行くと少なくなる。

 

タクシーには2種類ある

一つは6人乗り(運転手込み)のクラシックカータイプ、もう一つは5人乗りの黄色いタクシー。

5人旅だったので前者にしか乗らなかったが、一般的に前者の方が料金が高いという。

6人で旅をするとクラシックカーに全員乗り切れないので、経済的には5人がベスト。

 

タクシーに乗る際は値段確認と交渉を

f:id:neoism:20180625110732j:plain

キューバにおける長距離移動手段は、飛行機かバスかタクシー。

私たちはタクシーを使った。もちろん日本よりは安いが、決してバカにならない。コロンビアより俄然高い。キューバ人らしき人でタクシーに客として乗っている人は見かけなかった。

料金メーターはないので、乗る前に値段を提示されることになる。

どこでもそうだが、ボッタクリ価格を提示してくることもあるので、特に慣れないうちは複数のタクシー運転手に値段を尋ねるのが良いだろう。

そして、値段交渉も忘れずに。

この姿勢は、例えば露店でアクセサリー等を買ったり葉巻を買ったりする際も同様だ。

 

バスは混雑度合いが半端ない

f:id:neoism:20180625131604j:plain

これはまだ全然マシな方

ローカルバスは、ローカル民と貧乏バックパッカーの主な移動手段。

家畜として輸送されている気分すら味わえるほどに混雑しているが、安い。

CUCで払おうとする外国人は多分高めに取られるが、大した金額ではない。

一度乗ったら料金は均一。盗難に注意。

 

バスのviazulはオフィスでのみチケットの購入が可能

観光バスを提供する会社viazul。

別の都市に行く際などは使う人も多いだろう。

しかし、バスチケットは前日以前にオフィスで直接購入しなければならない。

職員に聞いたところ、電話予約もネット予約もできないとのこと。

なんと不便な、と言わざるを得ない。

ローカル民向けの安い便もあるらしいが、バスとはほぼ無縁だったので詳細不明。

(2018年6月現在)

 

ヒッチハイクは一瞬で成功するが、カネがかかる

f:id:neoism:20180616042717j:plain

一人でタクシーに乗ると、誰かと割り勘できないので高くついてしまう。

が、暑いし疲れたからショートカットしたい...そんなときは、ヒッチハイクが有効だ。

広い直線道路などで道脇で親指を立てる。

キューバではヒッチハイクでの短距離移動は3度実行したが、いずれも1分以内に車が停まってくれた。

目的地を伝えて、車に乗り込む。

降りるときは、少額でいいから渡す。彼らはそれを求めて乗せてくれるのだ。

一応事前に額を決めておけば、トラブルを招かずに済むだろう。

私は1-2kmくらいなら25セント(0.25CUC)だけ渡しても問題なかった。

タクシーよりも遙かに安上がりなので、オススメである。

  

 

 

ヒト編

 

物乞いは少ない

コロンビアの首都ボゴタで生活していると、かなりの頻度で物乞いに遭う。

しかし、経済的・物資的に恵まれていないキューバではあるが、物乞いは少ない。

配給制度や無料の医療なども関係しているだろう。

 

物乞いに応じる必要はない(タクシー運転手談)

制度が変わってきている部分もあるとはいえ、キューバは社会主義国家であり、医療などの生活保護が充実している。

だから物乞いしてくる人の目的は酒やタバコなどだ、ととあるタクシー運転手が語っていた。

しかし、配給制度は不充分であるとの意見しかなかったので、これは本当なのか分からない。

 

美人は少ない印象

f:id:neoism:20180625114036p:plain

キューバ出身の女優、Livia Brito

主観でしかないが、美女大国と言われるコロンビアでの美女慣れにより、一層ギャップを感じた。メキシコも美女多め。

Costa Rica(コスタリカ)、Colombia(コロンビア)、Chile(チリ)、ラテンアメリカ三大美女大国、通称「3C」が、Cuba(キューバ)を含めた4Cでないのも納得。

ちなみに3割くらいは黒人の印象。

肌が黒めの女性の中には、鼻の下の産毛が濃くなって髭っぽくなっている人もたまにいる。

 

男性同士でもチークキスをしている

f:id:neoism:20180625114352j:plain

ラテンアメリカの国では、挨拶の際に頬と頬を触れ合わせて唇で「チュッ」と音を鳴らす、チークキスという行為がよく交わされる。

コロンビアでは、女性と男性か、女性同士で交わされる光景しか見たことがないのだが、キューバでは男性同士のチークキスを何度か目撃した。高齢者に多い印象。

 

道端に座っている人が多い

f:id:neoism:20180625120503j:plain

子供たちとストリートサッカー

老若男女、特にオッサンたちがよく自分の家の前などの石段などに座って涼んだりお喋りしたりしている。

暑いので、上半身裸の男性が多い。蚊に刺されまくっていそう。

 

話しかけてくる人がいっぱい

外国人と分かる見た目なら、ちょっと歩くだけで何人からも声を掛けられる。

また、旅行者の大半は北中南米とヨーロッパから来ており、地理的・言語的障壁の大きいアジア人はそう多くはない。

よってアジア人は比較的珍しいので、そういう道端の人たち含め、より一層話しかけられることになる。

総計10ヵ国由来の5人組で旅をしていたが、やはり一番話しかけられるのは私と韓国の子であった。

どんな人が話しかけてくるのかというと、場所にもよるが、タクシーや葉巻商人、レストランのキャッチといった商売人が6割、物乞いが1割弱、それ以外は単なるフレンドリーな人たちという印象。

だから、言葉ができなかろうが、ハナからスルーを決め込まずにコミュニケーションを取るのも一つだ。(もちろん油断はせずに)

人との垣根が異様に浅いキューバ人、初対面にも"Amigo!"と言いまくる。メキシコもその傾向は割とあるが、キューバの比ではない。

なお、家までの200mの道のりで3組(商売人含む)に絡まれ、いちいち応じていたら帰宅に2時間以上かかったこともあった。

余談だが、道を速めに走ったとき、道端から掛け声を掛けられまくった。

 

勝手にツアーを始めて、あとでチップちょうだいと言ってくる人も

f:id:neoism:20180625120426j:plain

街中でフレンドリーに話しかけてきて、街などを案内してくれた挙げ句、チップちょうだいと言ってくる人もいる。

私もハバナで一度、敢えて乗っかったのだが、色々見たり知ったりすることができて楽しかったので、4CUC渡した。彼らにとっては大きな収入である。

ハナから遮断するのではなく、耳を傾けてみるのも一つだと思う。

 

スーパー店員の愛想は悪め

働くモチベーションの低そうな人が多い。一応社会主義だから、しゃーない。

スーパー店員は、コロンビアやメキシコに比べて、愛想が悪め。

観光客向けレストランなどはその限りではない。まあ、チップ割増の可能性もあるし。

 

搾取されている感を味わえるかも

世界のどこであっても、旅人の多い場所、つまり観光地には、観光者を対象とした様々な商売がひしめく。

特にキューバは、通貨が分かれていることからも分かるように、それがかなり露骨だ。

そうなってくると、「景色や食事や文化の消費者として搾取されている」という感覚を味わわざるを得なくなり、馬鹿らしく思えてきたりする。特に首都ハバナでは。

だから、キューバ人よりコロンビア人の方が好きだな、と思ったりもしたのだが、そもそも住民として、留学生として接するのと、旅人として接するのとでは、カタチがいくらか違ってくるものだ。

それに、普段コロンビアで接する層は、裕福な同世代が中心。

しかし今回の旅だと利害の絡まない同世代と接する機会は少ない。

単純に比較することはできない。
 

やたら「チノ」と言ってくる

f:id:neoism:20180625120259j:plain

チノ(chino)とは主に中国人を指す。

コロンビアにも「チノ」や「コレアノ(coreano,韓国人)」と言ってくる人が多いが、キューバでは「ハポネス」と言ってくる人の割合が比較的多い。

とはいえほとんどは「チノ」である。

そうなるのは当然だ。

人類の5人に1人は中国人なのだから。

「アジア人っぽい=中国人」という図式が出来上がるのは自然なことだ。

ジャッキーチェン!と言ってくる人もたまにいたので、そういうときは少林寺拳法の型を一瞬披露していた。

なお、チノには中国人に留まらずアジア系の人というニュアンスも含まれるという話も聞く。

 

そんなときは「ノー、ソイハポネス」と言ってみよう

f:id:neoism:20180625120248j:plain

そうやって「チノ」などと声をかけてくる日本の小学生みたいな人たちが多いわけだが、彼らのほとんどには何ら悪気はない。

そこで、「違う、日本人だ」と応えると、それが会話のキッカケとなってお喋りが始まる。

そんな調子で色んな人と喋って情報を仕入れたりした。

 

スーパーなどでは"一時的な親子"が誕生する

スーパーなどで列に並んでいると、割り込んでくるおばちゃんなどがたまにいる。

割り込んでんじゃねーよと言うと、

「前にいるのは私の息子」

しかし、明らかに肌の色が違う。

おいおいそれは嘘だろうなどと言っても、苦笑いで誤魔化してくる。

もちろん“子供”との会話はないし、スーパーから出て行くときもバラバラ。

というのが滞在中に2回あった。

割り込み自体は頻繁にある。

 

お店で楽器を演奏する人が多い

f:id:neoism:20180625120208j:plain

レストランで楽器演奏をする人たちは多く、たくさん出くわした。

歌い手も含め4人以上など複数名でやっている人たちも結構いて、キューバ音楽などを楽しむことができる。

演奏後はチップを求めて席を廻ったりする。

 

 

環境編

 

小さな猫がやたら多い

なぜか、小柄な猫を道端でたくさん見かけた。子猫。犬も結構いる。

 

アメリカ人が増えている

最近、半世紀ほど断絶していたアメリカとの国交が回復したこともあり、アメリカ人観光客が増えている。

アメリカ人は肥満体が多いので、集団だとアメリカ人であると分かりやすい。

 

トイレには紙を流せない

タイもコロンビアもメキシコもそうであるように、まあ流せない国が大半ではあると思うが、キューバも同じく流せない国だ。

便器横のゴミ箱に捨てることになる。

少し流すだけで詰まることもあるので注意。

 

日中は蒸し暑いが夜は多少は冷えることも

季節に依るが、常夏の世界なので、通気性の良い半袖半ズボンにサンダルというスタイルが楽になる。

しかし、夜など若干冷えることもあるので、軽めの上着を持っていくことを推奨する。

蒸し暑さ軽減のために、日本のコンビニやドラッグストアなどでよく売っている制汗シートの持参も一つ。

汗をかく上に空気が汚いから、結構肌が汚れるので、有用性が高いはず。

 

日照時間は短め

f:id:neoism:20180625120100j:plain

季節によるが、私がキューバにいた6月は、朝6時には既に明るく、夜も20時半くらいまでは明るかった。

この写真は20時半過ぎくらいのハバナ。

 

蚊や蝿などがやたらに多い

季節にも依るが、蚊や蝿が飛び交っている。

ビュッフェ形式のお店の肉などにも、普通に蝿がたかっていた。

それら以外にも、チクっと痛みを伴う刺し方をしてくる小さい虫が沢山いる。

ともどもバンバン刺してくるので、虫除けスプレーや痒み止めの持参を強く推奨する。

なお、日焼け止めなどもそうだが、一定量以上の液体は機内持ち込みできないので、預け荷物に入れておくのを忘れずに。

また、格安航空券の場合、預け荷物のオプションに課金する必要があることもあるため、注意が必要。

持っていかなかった結果、足と腕で軽く50カ所は刺され痕ができた。

 

特にハバナは排気ガスで空気が汚い

クラシックカーのようなオンボロ車は排気ガスをたくさん排出するので、都市部は空気が汚い。

喉の弱い人はマスクの持参、(物理的に)目の弱い人は幅の広いサングラスの持参を推奨する。ちなみに、マスクをしている人は見かけた記憶がない。

日差しがかなり強いことを考慮すれば尚更、サングラスは有用である。

 

シエンフエゴスなどの田舎では、観光用以外でも馬が路上を走っている

f:id:neoism:20180625120026j:plain

この写真はハバナ

ハバナでも多少は見かけることができるが、地方都市や田舎では特に、観光客向けタクシーとしてだけでなく、物資の運搬のために馬がよく用いられている。

だから、路上に馬糞が落ちているのを見かけることができる。

日本でも、馬は軽車両扱いなので道を走っていい。以前クリスマス間近の横浜でサンタの仮装をした人が馬で走っていた。トナカイじゃなく。

 

 

Wi-Fi編

 

Wi-Fiは有料で、場所が限られている

f:id:neoism:20180625122506j:plain

有料Wi-Fiでネットに興じる人々

近年になってネットが市民に解禁されたキューバはネットインフラが非常に遅れており、また政府による検閲もあるなど、とにかくネットに不自由な国である。

しかし、ETECSAという会社のWi-Fiを、ホテルや大きめの公園、一部のレストランなどで使うことができる。他にもあるかもしれないが、少なくとも一番メジャーなのがこれ。

そういった公園では、昼夜を問わず大勢の人が立ったり座ったりしながら携帯を眺めていて、面白い。

 

Wi-Fiカードの購入

Wi-Fiを利用するには、プリペイドカードを購入する必要がある。

f:id:neoism:20180625122626j:plain

プリペイドカード(1時間分)

裏の隠された部分を爪などで削り、パスワードを入手、入力画面に打ち込む。

1時間のカード、5時間のカードなどが存在する。

また、Wi-Fiが使えるレストランではその場でカードを購入することができる。

 

購入できる場所は大きく分けて三つ。

会社の店舗、ホテルのフロントやWi-Fi付きの一部のレストラン、道端の商売人。

価格は、1時間の場合、店舗で1CUC、ホテルなどでは2CUC、道端などの商売人から買う場合は2-3CUCが相場。

有効期限は30日間で、こまめに使い分けることもできる。

ちなみにスピードは遅い。

パソコンで使いながらテザリングで携帯で使用しても、消費時間は同じらしい。

基本的に一度接続を切ると、パスワードを再入力しなければならないので、カードは持ち歩いておいた方がいい。

 

f:id:neoism:20180625122814j:plain

プリペイド式のWi-Fiカードの店の前には長蛇の列ができやすい

 

 

葉巻編

 

キューバの主要産業「葉巻」の値段はピンキリ

f:id:neoism:20180625122847j:plain

葉巻って、日本人には馴染みがないと思う。私も日本では2本しか吸ったことがなかった。皆が煙草を吸う中でぶっとい葉巻を吸うときの優越感的なものはなかなか良かった。

そして、キューバと言えば葉巻。

砂糖やラム酒とともに主要産業として知られる。

キューバの英雄チェ=ゲバラも虫除けの意味も含めて愛用していたという。

そんな葉巻は、主に観光客向け産業だ。

空港や専門店で買うと、1本で40CUCも50CUCもするようなものもある。

一方で、道端でウジャウジャしている葉巻商人が売ってくるものは、交渉すれば1本1CUCや2CUCでも購入できる。

ただ、パチモンが多いらしい。ちなみに最初は確実にボッタくってくる。最初の提示価格である45CUCから2CUCまで下げたりした。

とはいえ、葉巻通でもない限り、高級品と粗悪品の違いは大して分からないだろうから、そういう葉巻商人らと交渉して買うことを勧める。

 

キューバ人は葉巻をなかなか買えない

何故なら、葉巻は結構高い。

f:id:neoism:20180625122955j:plain

葉巻農場にて

先にも書いたように、キューバ人の一般的な月収は30CUCくらい。(複数のキューバ人談)

1CUCや2CUCでもなかなか大きな出費だ。

道端で出くわして喋ったキューバ人も「葉巻は俺たちには高すぎる」と言っていた。

 

葉巻は50本以上を持ち出す場合は税関申告が必要

f:id:neoism:20180625123001j:plain

葉巻に使われる葉っぱ(乾燥中)

キューバの主要産業である葉巻。

出国の際に携帯する場合は税関で申告が必要で、関税を払う必要がある。

(葉巻農場従業員談)

 

 

スポーツ編

 

野球が人気で、"オオタニ"の知名度は既に高い

f:id:neoism:20180625123020j:plain

コロンビアで出逢った大谷翔平ジュニア

アメリカの近所の国であることもあり、革命以前から野球熱が強かったキューバ。

小学校から大学まで野球は必須科目で、プロ野球リーグも存在する。日本だとソフトボールの授業はあるけど野球はやらない。

有名選手では、メジャーで活躍する人類最高球速(169km/hくらい)のチャップマンや、日本プロ野球のデスパイネなどが挙げられる。

だから、イチローやマツザカ、マエダにマエダはよく知られているし、今年メジャー入りしたオオタニも既に有名だ。

 

キューバ野球の抱える問題

f:id:neoism:20180625123459j:plain

国産コーラのデザインは野球

キューバからは、待遇の悪さなどに不満を抱いて他国に亡命するプロ野球選手が多い。

プロ野球選手と言えば高給取りのイメージがあるが、キューバでは平均よりちょっと高いくらいだそう。スポーツ選手は実績に応じて車や家などを贈呈されることもあるというが、海外でやれば億も珍しくないのだから、相対的にかなり低収入。

(2016年初旬の段階で)「この2年間で200人以上の野球選手がキューバを離れた」と話す野球関係者もいる。

なお、亡命に失敗した者には処罰が下されるため、命がけで脱出することになる。

2000年代前半くらいまでは、2004年のアテネ五輪で優勝するなど活躍していたが、海外遠征の際などに亡命する選手が後を絶たず、弱体化してきている。

 

女子バレーやボクシングが強い

 

f:id:neoism:20180625124912j:plain

ハバナのラム酒と葉巻の店でフェリックス=サボンに遭遇

野球のほか、女子バレーやボクシングの強豪として知られてきた。

キューバにはプロ制度がないため、全てのスポーツ選手はアマチュア扱いであり、実力はあっても参加できない大会がたくさんある。

女子バレーは、攻撃的なスタイルを持ち味とし、バルセロナ・アトランタ・シドニー各五輪の3大会連続で金メダルを獲得した。

ボクシングは、ヘビー級が特に強く、女子バレーと同じくバルセロナ・アトランタ・シドニー各五輪の3大会連続で金メダルを獲得したフェリックス=サボン(写真)などが有名。

フェリックスは亡命してプロになれば世界チャンピオンになれると言われるほどの実力だったが、祖国愛とカネにまみれたプロの世界への嫌気から、アマチュアとしてのキャリアに拘ったという。

そのような選手もいるが、野球同様、スポーツ選手には他国に亡命する者も多い。

キューバ国外で見かけるキューバ人は、かつて海外に亡命したキューバ人やその子孫であるケースがもっぱらだ。

 

 

その他キューバ事情あれこれ

 

チェ=ゲバラの存在感がかなり強い

f:id:neoism:20180625131540j:plain

チェ=ゲバラとは、アルゼンチン出身のキューバ革命の立役者。

半世紀以上前の1967年にボリビアで捕らえら39歳で一生を終えたわけだが、ハンサムなこともあり、今でもキューバの英雄として人気が高いようだ。

他国の人間がこれだけ偶像視されるのは世界的に見てもかなり珍しいのではないだろうか。

日本などでも、彼の肖像がプリントされたTシャツが売られていたりするが、キューバではその肖像などが街の至る所で見られる。

ボリビアで殺害されたあと、遺体は長年行方不明だったというが、私が中3のときに韓国で買ったチェゲバラTシャツも、確か大学1年のときに泊まりに来た友人に貸して以来、未だ行方不明だ。

キューバ人たちは無償の学校教育で彼を大いに称えた歴史を教え込まれていそうではあるが、意外と「もうチェ=ゲバラなんてウンザリだ」と考えるキューバ人が多かったりして。

 

一方、フィデル=カストロは...

f:id:neoism:20180625131612j:plain

半世紀に渡りキューバの大統領を務め、暗殺未遂数でギネス記録を取るほどアメリカなどから憎まれた独裁者、2016年に亡くなったフィデル=カストロもまた、キューバ革命の英雄であるわけだが、彼の肖像はほとんど見られない。

それは、彼が自らを偶像視されることを嫌い、公共の場における銅像などの制作を法律で禁じるなどしたからだという。

30歳くらいで母国の革命を成功させ、トップに君臨していた彼だが、友チェ=ゲバラやシエンフエゴスなどといった嘗ての仲間、そして彼自身すら、その後伝説的人物となったのだから、かなりドラマティックな心情だったのではないだろうか。

 

大道芸人はほぼいない

那覇で言えば国際通り、バンコクで言えばカオサンロードのような存在である、観光客溢れるハバナのオビスポ通りには、大道芸人がいなかった。

そして、それ以外の場所でも。

路上パフォーマンス系の経験が何度かある私としては、観光客中心にウケの良い路上パフォーマンスや大道芸を何故やらないんだろうと不思議に思った。コロンビアのボゴタにも人の多い通りにはメチャクチャいるのに。

道端で出逢ったキューバ人らに「禁止されているのか」と尋ねたところ、そういうわけではないらしく、いるっちゃいるとのこと。だが、少ないのは間違いない。

少し毛色は違うが、写真撮ろうと言ってくるお婆さんなどもいる。もちろんお金目当てだろう。

 

キューバ人の収入

f:id:neoism:20180625131607j:plain

キューバ人の月収はどれくらいあるのだろうか?

何人かのキューバ人に尋ねたところ、最低レベルの月収は20CUCほど。つまり2000円くらい。

念のためにインターネットでも調べてみたところ、

 

El salario medio mensual en Cuba el año pasado fue de 740 pesos cubanos (CUP), equivalentes a 29.6 dólares, aunque la cifra aumenta en sectores como el azucarero, el mejor pagado con 1.246 CUP (49.8 dólares), y cae en los de administración pública, defensa y seguridad social, con 510 CUP (20.4 dólares).

Salario medio en Cuba es "inventado", no alcanza "ni para empezar"

 

つまり、2016年の平均的な月収は30ドルくらいということだ。

たとえば砂糖産業従事者は50ドルと高い。

日本なら学生の1日のバイト代くらい。

日本では高収入の医者だが、キューバではあまり他の人と変わらない。

一方で、行政や社会保障に携わる人は20ドルほどと低い。

1日1ドル未満での生活。

もちろん、外食なんてできない。

下に述べる食糧配給制度も存在するとはいえ、本当にこんなのでやっていけるのか?と不思議に思わざるを得ない。

革命後に海外に亡命した家族から送金を受けている人たちもいるとは聞く。

 

キューバの教育や医療は無料で受けられる

全医療費の90%は国費で支払われている。

もちろん、外国人は別。

歴史的背景から、識字率はラテンアメリカでも随一で、高校まで無償化されている。医療のレベルもかなり高く、パーキンソン病のモハメド=アリやコカイン中毒のマラドーナなどが治療のためにやってきたこともある。人口あたりの医者の数は世界トップレベル。

 

食糧配給制度が存在する

f:id:neoism:20180625131552j:plain

配給手帳

基本的に1家庭に1つ、食糧配給手帳が配布されている。

12人までは1手帳、13人から24人までは2手帳。(葉巻商人のオッサン談)

街の色んなところに古ぼけた配給所(bodega)があり、食糧が低価格で販売されている。

ひと月に米何グラム、卵何個、鶏肉何グラムなどと決まっている。

f:id:neoism:20180625131544j:plain

手帳の中はこんな感じだった

しかし、4,5人のキューバ人に尋ねたところ、全員口を揃えて「全然充分じゃない」と言っていた。

貧しい人がたくさん。

なお、この制度は段階的に廃止されてきているという。

 

タクシー運転手は成功者

f:id:neoism:20180625131548j:plain

日本ではタクシー運転手は憧れの職業と見なされることはないだろうが、キューバにおいては上流職業である。

キューバにおいて稼ぎが良いのは外国人観光客を相手とする観光産業であり、タクシー運転手や葉巻産業の上の人たちはガッポリ儲けることができる。あとは民宿している人なんかも。(税金を納める必要はあるが)

近年は色々解禁されてきているので、そういう人たちが台頭してきている。

そして、そうやって働くにはコネが要るらしい。(街中のオッサンたち談)

タクシーを購入するにはかなりのカネが必要になってくるので、まずは借金することになるのだろう。知らんけど。

色々変わってきてるキューバ。ソ連崩壊前のキューバにも行ってみたい。

 

性風俗も観光客向け産業

売春は違法だが、実際にはやっている女性が結構いる。値段を尋ねたら90CUCと言ってきたが、試しに値段交渉してみたら25CUCまで下がった。まあ、サヨナラしたけど。

また、声をかけてきてマッサージしてあげると言ってくる女性もいる。

値段を尋ねたら1時間30CUCと言われた。日本の方が若干安く受けられる上に、そもそもコイツらはプロじゃないから、かなりのボッタクリ価格。

もちろん裏の商売だから、税金を払うことにならないので、利益率は100%に近い。

 

ほとんどのキューバ人は、その一生をキューバで終える

f:id:neoism:20180625131556p:plain

 

キューバ国民は、海外にいる家族からの招待状、留学や海外遠征、結婚など、限られた状況でなければ海外に出ることは許可されていない。

それ以前に、海外に行けるほどのお金のあるキューバ人はごくごく少数だ。

21世紀だというのに、なんて閉鎖的な国なのだろう。

外国に行ったことがあるという人とは、ほとんど出逢うことはなかった。

もしそうした規則がなかったとしても、月収30CUC程度じゃあ、そもそも経済的に難しい。

だから彼らの多くはこの小さな島で生まれ、この島しか知らずに、一生を終えていく。

命がけで亡命する人たちの気持ちが分かる。 

 

スカイプ国際電話

とある筋の情報によると、スカイプ国際電話でキューバの固定電話にかけると馬鹿高くなるらしい。詳細は不明。

 

 

 

キューバの特殊性が分かってもらえたと思います。

キューバは今後さらに変わっていくと言われていますが、既にここ何年かで結構制度とか変わってきている印象です。

早めに行った方がいいという声には頷けます。