南米留学放浪放言記

南米コロンビアのボゴタに留学する大学生が色々勝手にホザくブログ。

「自分らしさ」とどう向き合うのが正解なのか

 

ご機嫌よう。

 

 

世の中、数多の幸福論が氾濫している。

が、私は「幸福の絶対条件は自分らしく生きること」であると端的に説明することができると考えている。

 


自分らしく生きている状態とは...

自分の欲求などの本心や価値観、性質を理解し、それに素直に生きている状態のこと。

 

それは当然だと言う人もいれば、言われてみればそうだ、と思う人も多いだろう。

 

f:id:neoism:20180823010448j:plain

 

しかし、一方で「自分らしさ」を絶対的なものと見なすと、それに縛られて柔軟に適応できなくなったりする。

自分はこういう人間だからこうあるべきだ、などと考えてしまい、他の可能性を自ら閉ざしてしまうことになりかねない。

 

 

では、「自分らしさ」というものが存在しないのかと言えば、それは明らかに違う。

身近な例で言えば、自分と他者とで何に惹かれ何を楽しいと感じるかに違いがあることを見れば分かるだろう。

 

f:id:neoism:20180823010531j:plain

 

 

但し、これは認識しておかなければならない。

 

「自分らしさ」とは可変的である、ということ。

 

成長とともにその変化は小さくなっていくかもしれないが、それでも全く変わらないということはまずない。

表面上のカタチは変われども、満たしたい欲求の根本自体はあまり変わらない傾向にあるように思う。

 

しかし、性質に関しては、年を取って穏やかになった、或いは短気になったという話がよくあることからも、変化するのはそう珍しいことではないことが分かる。

 

 

多様な経験や内省によって「自分らしさ」というものを認識し、その上でそれを大切にしつつも、絶対視せずに柔軟に生きる。

 

これです。

 

*2017年5月に執筆

 

 

▼関連記事

 

ハッピーでいるには、自己肯定感が高い必要がある。

つまり、「自分らしいと感じる自分」である必要がある。

では、自己肯定感の高くない人はどうしていけばいいのか。

neoism.hatenablog.com

 

記事が良かったら、下のボタンを一瞬ポチッとお願いします!

当ブログのランキングが上昇して喜びます。

 

 

 

 

 

クリックしていただけると励みになります(^^)

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外留学(その他)へ
にほんブログ村

 

★Twitter、お気軽にフォローどうぞ!